ホーム > 学校案内 > 学校だより > 学校だより6月号

ここから本文です。

更新日:2017年1月16日

学校だより6月号

  子どもたちは作品づくりに主体的に取り組みます。

校長 喜多村 晃

 5月10日(火曜日)から4日間、6年生が自然教室に行ってきました。毎回思うのですが、大きな行事は子どもを成長させます。帰ってきた子どもたちの様子からその充実した生活がうかがえます。この経験を生かして子どもたちが大きく成長していくことを期待しています。

 さて、本校では今年度から研究教科として昨年度までの理科、生活科に加え社会科を取り上げ、教科横断的な指導も取り入れながら、主体的かつ協働的な学習の在り方について研究を進めてきています。

 本校では社会科の学習にあたり、問題解決学習を取り入れています。自らが社会的な事象に働きかけ、主体的に考えさせるためです。同時に作品化を取り入れ、何ができればよいのか、そのためには何を調べていけばよいのか、学習の見通しをもたせるようにしています。

 どのような作品(歴史新聞、パンフレット、ポスターなど)にするか教師が指定する時と子どもが選択する時があります。子どもたちは内容や項目を考え、編集していきます。このような学習を積み重ねることで子どもたちは、作品についての評価の観点を自ら設定することができてきます。

1.内容がよくわかるタイトル(見出し)になっているか。

2.資料は適切か、資料をもとにわかりやすい説明がなされているか。

3.自分の考えが明確に述べられているか。など

 自己評価の観点が明確になると自分たちで改善を行うようになります。それが、本校で考える主体的な学習の一つの姿です。

 今月は学校公開があります。主体的に学習に取り組む子どもの姿をご覧ください。

四小だより6月号(PDF:494KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

連雀学園三鷹市立第四小学校

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1丁目25番1号

電話番号:0422-44-5373

ファクス番号:0422-42-3590