ホーム > 学校案内 > 学校だより > 学校だより10月号

ここから本文です。

更新日:2017年10月2日

四小だより10月号

「魔法の言葉」をつかえていますか?

副校長 上杉 潤

 先日自宅での三男と母親の会話は、こんな風でした。母「大丈夫なの?先生は、心配していないの?」三男「誰先生のこと言っているの?何を聞きたいの?」家族でありながら、第三者として会話を聞いていると、お互いの言い分が正しいことと、会話がかみ合っていないことに気付きました。お互いに、言葉足らずで自分の話したいことを話し、相手にどう伝わったかまでを考えることがなかったのです。言葉のつかい方って、難しいですね。

 

 PTA運営委員会の最後の話は、副校長からです。日頃ご協力いただいていることに関する感謝と、学校からのお願いと、一言、先日研修で学んできたことを話しました。会終了後、PTAの方から「先生の話は深みがある」との感想をいただき、それを聞いた副校長が温かい気持ちで一日を過ごすことができたということは、言うまでもありません。まさしく魔法の言葉です。

 

 どんな場面でどんな言葉をつかえばいいのか、難しい問題です。しかし、相手にどんなことを伝えたいのか、さらにどう伝わるのだろうかを考えながら話をすると、それが魔法の言葉に変わるときがあります。

 

 この言葉をつかうと、相手にどう伝わっているのかをしっかりと考えて話をしなくてはいけないと思いました。当面の、私の課題です。

 

四小だより10月号(PDF:402KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

連雀学園三鷹市立第四小学校

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1丁目25番1号

電話番号:0422-44-5373

ファクス番号:0422-42-3590