ホーム > 学校案内 > 教育目標

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

教育目標

 

 明るく平和な文化国家の担い手として、誇りと責任を自覚し、世界に開かれた日本人を育成する。

○ 考える人

○ 心豊かな人

○ たくましい人

○ 思いやりのある人

○ 公共につくす人

基本方針

ア 「9年間で三鷹中央学園の子どもを育てる」との理念の下、家庭・地域社会と連携し開かれた学校づくりの推進            

     三鷹中央学園三鷹市立第三小学校及び第七小学校との義務教育9年間を見据えた小・中一貫教育の効果の向上、異校種の枠を超えた円滑な接続、及び学園として児童・生徒の発達段階の共有化を目指すと共に、教育活動の公開や情報提供を積極的に行い、信頼される学校づ

くりを行う。

イ 豊かな人間性の育成と人権教育の推進

     教育活動全体を通して、規範意識を高め、人権教育を推進する。学園間の児童・生徒交流、異年齢集団の活動等も重視し、人と人とのかかわりを通して、人間性豊かな思いやりのある生徒の育成に努める。

ウ 学ぶ意欲の向上と確かな学力の定着

     基礎・基本の確実な定着を図るための指導方法を工夫・改善し、基礎学力の向上に努めると共に、確かな学力の定着・伸長を図り、自ら学ぶ態度をはぐくむ。また、自ら課題を設定し、広い視野で課題解決できる能力を育成する。

エ 心身の健全な成長と社会性の育成

     読書活動やボランティア活動等、豊かな体験や実践を設定し、生徒が互いに助け合い共感しながら、一人ひとりが成就感や達成感を得られるようにする。また、教育相談的な生活指導の徹底により、生徒の豊かな心をはぐくんでいく。

オ 社会貢献の活動や国際理解教育の推進

     日本や世界の歴史・文化・伝統を理解し、尊重する態度を育成し、国際社会の中で、共生に努める資質やコミュニケーション能力を育成する。また、ボランティア活動に積極的に参加させ、社会に貢献できる広い視野と行動力を身に付けさせる。

カ 教育支援及び交流活動の推進

     教育支援コーディネーターを中心に校内委員会を充実させ、教育支援を進める。また、通常学級と教育支援学級との交流を積極的に推進し、生徒の相互理解や教育支援への啓発を図る。

キ 学園・学校評価の充実と教育活動の改善

コミュニティ・スクール委員会の地域・保護者による学園・学校評価を一層充実させ、生徒による授業評価、教職員による学校評価等、学校の自己評価と併せて、学校の課題を明確にするとともに、公表し、学校への期待と信頼に応えるための改善を行う。

総合的な学習の時間

総合的な学習の時間
学年 1年 2年 3年
授業時数 50 70 70
総合的な学習の時間 【探る】
1.世界を探る(留学生の会)
2.自分を探る
3.東京を探る(都内めぐり)
【広げる】
1.生き方を広げる(職場体験)
2.文化への関心を広げる
3.自分を広げる(立春式)
【つながる】
1.文化とつながる(修学旅行)
2.生き方とつながる(進路学習)
3.社会とつながる(卒業論文)

特色ある教育活動

【立春式】
2年生の代表が将来の夢や目標を全校生徒や保護者、地域の方の前で発表。著名人による記念講演も行われる。

【ユニセフ募金活動】
生徒会の呼びかけで駅前でボランティア活動として行う。

【卒業を祝う餅つき大会】
3年生の卒業を地域の方やPTAとお餅をついて祝う。

【留学生の会】
留学生との交流を通して、国際理解教育を深める。

【読書活動】
年間を通して始業前の全校「朝読書」、学級文庫の設置、「読書1万ページ」の表彰を行う。




お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第四中学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4丁目18番7号

電話番号:0422-43-9141

ファクス番号:0422-76-0672