ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 【No.44】子供の主体的な学びをつくるための授業とは

ここから本文です。

更新日:2018年3月6日

【No.44】子供の主体的な学びをつくるための授業とは

この記事は、高山小学習研究部からの発信となります。

高山小学校では、子供たちの学びに向かう意欲を育て、学んだ知識を活かす思考力を高める授業を目指して実践研究を進めています。今年度最後の授業は、白石範考先生(明星大学)と、柳瀬泰先生(高山小学校)の公開授業・協議会でした。

「国語」と「算数」、教科は違っても、子供たちの主体的な学びをつくる「問い」の持たせ方や、知っていることを活用する見方・考え方の働かせ方には多くの共通点があり、改めて教科を横断した指導方法を捉え直すことの大切さを考えました。

国語であっても算数であって、高学年であっても低学年であっても、楽しく、深く学ぶ子供の表情は輝いています。2018.3.5(横山)

s0

s1 s2
s3 s4
s5 s6
s7 s8

y0

y1 y2
y3 y4
y5 y6
y7 y8

お問い合わせ

三鷹の森学園三鷹市立高山小学校

〒181-0002 東京都三鷹市牟礼4丁目6番12号

電話番号:0422-45-3275

ファクス番号:0422-76-0679