ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 【No.19】暑中お見舞い申し上げます

ここから本文です。

更新日:2017年8月1日

 【No.19】暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い

「夏休み」とは、課せられた授業から解放された時間、子供に与えられた「自由な時間」です。私の子供時代は「原っぱ」が遊びの拠点地でした。禁止事項は原則ない自由な空間でした。背の高い草の茂みの中に「基地」を作り、そこを拠点にバッタ獲り、缶けり、三角ベースなどを毎日しました。夕方になりお腹が減るとみんなで小銭を出し合い、1個15円のコロッケを買い、一口ずつ分け合って食べました。多くの友達が妹や弟連れで、みんなで面倒をみました。
振り返ると、学校では「リテラシー」(基礎基本となる知識・技能)を学び、夏休みは原っぱで「コンピテンシー」(生きる力の基となる資質・能力)を学びました。実によくできた教育環境だったと思います。昭和40年前半の頃の話です。
大人になるためには、子供時代に「子供であることを全うすること」がとても大切な条件である、最近になってつくづく思います。夏休みも8月に入りました。事故に気を付け、健康で楽しく過ごして下さい。2017.8.1(柳瀬)

お問い合わせ

三鷹の森学園三鷹市立高山小学校

〒181-0002 東京都三鷹市牟礼4丁目6番12号

電話番号:0422-45-3275

ファクス番号:0422-76-0679