ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 【No.5】どの花も一つだけの花

ここから本文です。

更新日:2017年4月24日

【No.5】どの花も一つだけの花

 

一つだけの花

本日の月曜朝会の校長講話です。

「一年生の教室の前には、2年生が植えた色とりどりのチューリップの花が風に吹かれて気持ちよさそうにゆれています。童謡『チューリップ』の歌は今から80年以上も前の1931年に作られた歌です。その頃の日本は戦争に向かうきびしい時代でした。

 さいた さいたチューリップのはなが/ならんだ ならんだ
  あか、しろ、きいろ/どのはなみても きれいだな

誰もが口ずさめるやさしい歌詞です。作詞者は藤宮子さんという女性です。「どの花みても、きれいだな」と歌詞に、「一人一人、それぞれにいいところがあるのですよ」というメッセージを込めました。その歌が作られてから72年後の2003年、SAMPが『世界で一つだけの花』を歌いました。

 そうさ僕らは世界に一つだけの花/一人一人違う種をもつ
  その花を咲かすために/一生懸命になればいい

この曲の作曲者の槇原敬之さんも一人一人が存在することの素晴らしさに目を向け歌詞を書きました。戦前に書かれた童謡と、現代のJポップスは、メロディーもリズムもまったく違う音楽です。しかし、一輪の花を見て、その花から人が大事に思うことは、時代を超えても変わりません。みなさんも、チューリップの花や、野に咲く花や、店先に並んだ花を見たら、自分も仲間もかけがいのない大切な存在であることを思い出して下さい。

では今週も、よく学び、よく遊び、よく感じ、よく動いて、今日が楽しい学校にしましょう。(柳瀬)2017.4.24

お問い合わせ

三鷹の森学園三鷹市立高山小学校

〒181-0002 東京都三鷹市牟礼4丁目6番12号

電話番号:0422-45-3275

ファクス番号:0422-76-0679