ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 【N0.38】3学期始業式の講話

ここから本文です。

更新日:2017年1月16日

【N0.38】3学期始業式の講話

1年生の教室の前に3年前に植えた梅の花が開花しました。以下、3学期始業式の講話です。
3no1 3no2

 

元日、6年生からりっぱな年賀状が届きました。(画像を提示。「学校だより1月号」掲載画像と同じもの)「進」という一文字に、「夢に向かって歩む一年としたい」という思いが詰まっています。「進」という字の「隹」の部分は(ポインターで指示しながら)、「鳥」の省略形ですから「隹」に、道を表す「辶」が付いたこの漢字は、「酉年」にぴったりの一文字だと思います。三学期、皆さんが学校に通う日数は約50日です。それが終わると6年生は中学生に、5年生から1年生はそれぞれ進級します。4月には「新校舎」が完成します。現在の本校舎に約600人が、そして新校舎には約200人の子供たちが生活を始めます。安心で安全で魅力あるスタートとなるためには皆さんの成長が大事です。この3学期も学習、生活、仲間づくりにしっかりと組みましょう。

さて、もう一枚の写真です。(HP【N0.37】のトップ画像参照)

年末に高知県に研究会に出かけたときに、空の上から撮った富士山の写真です。まるで鳥の目で見たような富士山です。人間は鳥のように高く飛ぶことはできませんが、「想像力」を使って物事を広く見渡すように考えたりイメージしたりすることができます。これを「鳥の目でみる」といいます。「鳥の目」に対して、「虫の目でみる」という言葉もあります。小さな事実をしっかりとらえ向き合う目のことです。これにもう一つ、「トンボの目」を加えてみたいと思います。トンボの目は「複眼」と言われ、たくさんの小さな目が集まっています。その一つ一つの小さな目がとらえた景色が一つに集まって、正しくよく見える大きな一つの目となっています。

トンボの目は「みんなで見る目」です。トンボと言えば「赤とんぼ」。赤とんぼといえば「三木露風」。三木露風と言えば「高山小学校校歌」。私たちにぴったりの「賢い目」を今年一年、大切にしましょう。

2017.1.10(柳瀬)

 

3no3 3no4 3no5
3no6 3no7 3no8

お問い合わせ

三鷹の森学園三鷹市立高山小学校

〒181-0002 東京都三鷹市牟礼4丁目6番12号

電話番号:0422-45-3275

ファクス番号:0422-76-0679