ホーム > 学校案内 > 学校だより > 学校だより 6月号

ここから本文です。

更新日:2017年5月31日

 学校だより 6月号

学校だより 6月号を発行いたしました。 下記リンク先よりダウンロードしてください。

学校だより 6月号(PDF:380KB)

以下は学校だより6月号冒頭の副校長挨拶です。

2020年のオリンピック・パラリンピックから学ぶ

副校長 山下 裕司

 先日、出張先で急に雲行きが悪くなり、雷鳴が響いたため次の出張先の場所までタクシーを呼ぼうとしましたら、電話がなかなか繋がりませんでした。そこで、スマホのアプリを初めて使い、乗車場所と時刻を指定して予約をしました。見事、その時刻ピッタリに到着し、無事に乗車できたのです。乗務員の方にとても便利で、助かりましたと話すと3年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けて海外のお客さん向けにアプリを改良したということでした。また、客席にはタブレット端末のモニターが取り付けられて、どの国の言葉でも行先を通訳されるシステムも導入するそうです。こんなところからも近づくオリンピックの準備が始まっているのだと思いました。

 さて、東京都全公立学校では、昨年度より「オリパラ教育」を実践しています。この教育の目的は、2020年の大会のみならずその先にでも活躍できる資質、能力の育成と人生の糧となるかけがえのない遺産を心と体にのこすことです。また、重点として育成する資質として、ボランティアマインド、障がい者理解、スポーツ志向、日本人としての自覚と誇り、豊かな国際感覚の5点を挙げています。学校では、具体的に4つのテーマ「精神、スポーツ、文化、環境」と4つの視点「学ぶ、観る、する、支える」から計画的に実践を進めています。昨年度、各学年で取り組んだスポーツの体験的な学びは「する、学ぶ」の視点での実践です。

 私は、「学ぶ」視点が一番大切だと考えます。一生に何度も経験できない自国開催の大会を通して、興味関心をもち、主体的に学ぶことで今後10年、20年、30年と変化する世の中に対応できる力を子供一人一人が身に付けることです。オリンピックの起源にあったスポーツを通して平和的な交流をめざした精神をこれからの世の中を築いていく子供たちが能動的、協働的に学び、世界の中の個人として輝き続けていけるように育成します。

 我々大人も多くの方は、初めての東京オリンピック、パラリンピックです。子供たちに負けないように生涯学習、生涯スポーツを実践しましょう。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

三鷹の森学園三鷹市立高山小学校

〒181-0002 東京都三鷹市牟礼4丁目6番12号

電話番号:0422-45-3275

ファクス番号:0422-76-0679