ホーム > 学校案内 > 学校だより > 学校だより 2月号

ここから本文です。

更新日:2017年1月31日

学校だより 2月号

学校だより 2月号を発行いたしました。 下記リンク先よりダウンロードしてください。

学校だより 2月号(PDF:445KB)

以下は学校だより2月号冒頭の校長挨拶です。

 

2030年世代をたくましく羽ばたく翼を育てる時間

校長 柳瀬 泰

 

私たちの目の前にいる子供たちは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを経て、2030年以降の社会の担い手となります。予測困難な時代だからこそ、子供たちが自らの可能性を最大限に発揮し、新しい時代の風に向かってたくましく羽ばたくことができる資質・能力を育むことが大切だと考えます。

新学習指導要領の答申には、「社会に開かれた教育課程」というキーワードが繰り返し出てきます。このキーワードはこれまで私たちが声にしてきた「三位一体の教育の実現」と言い換えることができます。例えば「グローバル化」へ対応する資質・能力を育てるためには、学校で外国語を学ぶだけでなく、多世代や多文化に積極的に関わり、「多様性」を認めたり寛容したりする資質・能力が必要です。こうした力の育成には、言うまでもなく、子供の頃から地域社会の中で交流体験等を積み、その範囲を徐々に拡げていくことが効果的です。

地域・家庭とともにある小・中一貫教育校「三鷹の森学園」には、多くの人と触れあい、多様な価値観を育てるカリキュラムが小・中一貫9年間の間に数多く計画されています。三鷹の森学園の開園は平成21年度。次年度で8年目を迎えます。学園で学び育った子供たちが、2030年代のよりよい社会の担い手、幸福な人生の創り手として活躍してくれることに大きな期待を寄せ、時代の要請に応える学校・学園づくりを目指します。

 さて、高山小新校舎の完成も間近となってきました。次年度の学校生活や教育課程についても十分にご説明をしなければなりません。年末の学校評価で多くのご意見をお寄せいただいた「運動会」につきましては、平成29年10月14日(土)、三鷹市立第三中学校校庭において開催を計画しています。今後、さらに増加が予想される児童数を見据えた詳細な実施計画をお知らせいたします。

 3学期も残り2ヶ月、40日を足らずの授業日数となりますが、「今から」「今なら」「今だから」というポジティブな姿勢をもって次年度以降に向けて取り組んでまいります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

三鷹の森学園三鷹市立高山小学校

〒181-0002 東京都三鷹市牟礼4丁目6番12号

電話番号:0422-45-3275

ファクス番号:0422-76-0679