ホーム > 学校案内 > 学校だより > 学校だより 12月号

ここから本文です。

更新日:2016年11月30日

学校だより 12月号

学校だより 12月号を発行いたしました。 下記リンク先よりダウンロードしてください。

学校だより 12月号(PDF:441KB)

以下は学校だより12月号冒頭の校長挨拶です。

 

来年度からの運動会、学芸会について

三鷹の森学園高山小学校校長 柳瀬 泰

 

過日の展覧会では約2000名のご参観を頂きました。本当にありがとうございました。

さて、新校舎の工事の様子につきましては、毎週、学校ホームページでご報告させていただいているところですが新校舎の外観がはっきりしてきました。この間、南門から昇降口への仮歩道が降雨により浸水し、児童やご来校の保護者の皆様にはご不便をおかけしています。三鷹市と相談し早急にこの状況の改善を図ってまいります。また、降雨後に、校庭全体にできる水溜りへの対応については引き続き専門業者を交えて検討を重ねてまいります。

12月を迎え次年度の年間計画を具体的に立案する時期がやってきました。現在学校では、「運動会」と「学芸会」の実施方法を検討しています。

まず、「運動会」ですが、新校舎が建ったあとの校庭はトラックを引くと図1のような状況です。網掛けで示したわずかな部分しか児童が参観するスペースはありません。昨年度と同様の実施が困難であることは一目瞭然です。そこで現在3案を検討しています。          

 

校庭図

(ア)第三中学校の校庭で行う。                     図1

(イ)高山小校庭で第1部(1年・3年・5年)と

   第2部(2年・4年・6年)で行う。

(ウ)春運動会(「徒競走」「団体競技」)を三中校庭で実施。秋運動会(「演技」)を高山小校庭で実施する。

実は、それぞれに難点があります。(ア)は、児童数分の椅子を前日に三中校庭まで運搬をしたり、それを運動会終了後に戻したり、雨天の際の順延対応などを考えると容易ではありません。1回限りのことでなく10年近く続きます。(イ)は、児童が分散化されてしまい一体感も薄れてしまいます。また、途中の児童の入れ替え、その際の椅子の出し入れなどに時間がかかり開催時間も長くなります。保護者も入れ替え制になります。(ウ)は、年2回開催、それぞれ午前中で終わるプログラムとなります。秋の「表現」は金曜日に全児童で参観、土曜日には1年生から6年生が順番に演技を行い、これを全保護者の参観日とします。

どれを採っても前例のない方法となりますが、これまでの運動会の枠組みで考えていては前には進みません。子供たちにとって運動会が楽しい思い出になるよう、また保護者・地域関係者にとっては子供の成長が実感でき心に残るように創意工夫して実施していきたいと考えます。

「学芸会」も劇についても1学年150人近い出演者に対応する台本はなく、無理にせりふを振り分けても出番時間はわずかとなり子供たちの充実感にはつながらないと思われます。この機会に、「劇」から全学年「音楽会」に変更することを検討しています。

この先、CS委員会やPTA役員会、学級保護者会などの機会にご相談させていただきます。前向きに意見交換をし、多くの方の賛同とご協力をいただければ幸いです。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

三鷹の森学園三鷹市立高山小学校

〒181-0002 東京都三鷹市牟礼4丁目6番12号

電話番号:0422-45-3275

ファクス番号:0422-76-0679