ホーム > 子ども画廊 Takayama(2017年10月26日更新) > 【第十二回 / 展覧会を振り返って②~わか竹学級】

ここから本文です。

更新日:2016年12月1日

 【第十二回 / 展覧会を振り返って②~わか竹学級】

子ども画廊では、子どもたちが頑張って作った展覧会の作品たちを振り返っています。

第二回となる今回は、わか竹学級の展示を取り上げます。

 

平面「ぼくの世界・わたしの世界」(低学年)

わかたけ1 わかたけ2

スチレンボードの版にマジックペンやその他の道具で凹凸をつけて印刷した「スチレン版画」。思いのこもった線で描かれた作品には「火星におひっこし」や「雨の島」など想像を掻き立てられるようなタイトルがつけられていました。見つめていると夢の世界に入っていけそうな感じがしました。

 

平面「群れで泳ぐ魚たち」(高学年)

わかたけ3 わかたけ4

ゴム版に彫刻刀で彫りを入れて作った版画。うろこやひれなど図鑑を参考にして丁寧に表していました。顔の表情も上手に彫られていて、魚たちの性格までも表されているように感じました。

 

立体「はりこのおめん」(低学年)

わかたけ5 わかたけ6

表情豊かなはりこのお面。見る人が思わず笑顔になってしまうような作品ばかりでした。紙粘土や毛糸などの素材を使い、立体的に目鼻口が表現されていました。左右の目の表情を変えて表現するなど一つ一つの作業に気持ちがこもっていて、とても見ごたえがありました。お面をつけてみたいと思われた皆様も少なくないのではないでしょうか。

 

立体「輝いた瞬間~運動会~」(高学年)

わかたけ7 わかたけ8

運動会で汗を流しながら一生懸命取り組んだ競技や演技をテーマに粘土で作りました。躍動感あふれる動きを表すために自分でポーズをとってそれを写真で確認するなど、研究しながらこつこつ制作を進めました。作者が感じた感動が見事に表されていて、高学年の表現力の高さを感じました。

次回は3年生と4年生を取り上げます。お楽しみに。

お問い合わせ

三鷹の森学園三鷹市立高山小学校

〒181-0002 東京都三鷹市牟礼4丁目6番12号

電話番号:0422-45-3275

ファクス番号:0422-76-0679