ホーム > 家庭・地域 > 鷹南学園トピックス > 学園公開 学園集会の様子 <学園ニュース>

ここから本文です。

更新日:2016年7月16日

  学園公開 学園集会の様子 <学園ニュース>

実施日:2016/6/11

gakuen 

今年度の学園集会は中原小学校の校庭で行われました。天候の心配をよそに朝から晴天に恵まれました。校庭に整列した三校の児童・生徒と先生方。たくさんの保護者の方々や地域の方たちもご参加されました。

白井学園長のあいさつのあとに紹介されたのは、6月6日から行われた「あいさつ運動」の各校からの発表です。このあいさつ運動は中原小学校、東台小学校、第五中学校で三校同時に行われ、三校の児童・生徒が各校に出向き校門前で登校してくる児童・生徒にあいさつをします。

各校の児童・生徒が「あいさつ運動」の取り組み方や感想をまとめたものを発表しました。中でも「あいさつ運動のあいうえお作文」など、工夫した取り組みが印象に残りました。

そして2・3校時には「きょうだい学年交流」が中原小学校と東台小学校で行われ、小学2年生は中学1年生と小学4年生は中学3年生と一緒に交流しました。長縄とびの練習の時間には中学生が積極的にアドバイスをする姿が見られました。

これからも子どもたちの健やかなる成長を期待し、温かく見守っていきたいと思いました。

ここで、この写真を撮っていただいた中原小オヤジの会 高橋義博さんより学園集会に参加した感想を頂きましたので、ご紹介します。

「こんなに大勢なのかと視覚的に感じたのが第一印象でした。保護者からの視点で中原小に通う我が子が、どの様に感じているかわかりませんが、普段は校舎が離れているため一つの学園という実感をあまり持っていませんでした。

しかし、みんなが学園歌を斉唱すると不思議と学園という大きな単位のつながりを感じました。

この学園のみんなには、将来どの様な道に進んでも、この地域に帰って来れば大勢の仲間がいることを励みに、引き続き学業などに勤しんで欲しいと感じました。」 

広報部 T

 

お問い合わせ

鷹南学園