ホーム > 家庭・地域 > 鷹南学園トピックス > H26.10.31 学園研究発表会 <学園NEWS>

ここから本文です。

更新日:2015年3月31日

学園研究発表会 <学園NEWS>

 10/31(金)に学園研究発表会が行われました。この2年間に3校で取り組んできた授業指導についての研究の成果を広く発表するもので、市内外から先生方はじめ多くの方が見学に来られていました。

研究主題と重点

思考力・表現力を育てる指導法の工夫 ~自分の考えを「もつ」「伝える」「深める」~

  • 学習過程の中で自分の考えを「もつ」「伝える」「深める」の活動を取り入れて、思考力・表現力を育てる
  • 『鷹南スタンダード』に基づいて小・中で一貫した児童・生徒の学び方や教員の指導法を定着させる

という2つを重点に研究を進めてきたとのこと。

感想

教育関係者ではない保護者や地域の人にとって、研究発表とは敷居の高い感じがするものですが、公開授業で具体的な例を見てから、発表会で理念や狙い、工夫の要点などの説明をきくことで、授業の意味が少しわかるようになりました。発表会自体にも工夫が凝らされ、先生方自身が「もつ」「伝える」「深める」を体現しようとされている様子がうかがえました

授業公開は1コマ分だけだったので、CS委員は分かれて授業を見学し、その後情報交換をしましたが、話を聞くごとに「そっちの授業も見たかった!」と思うことしきりでした。 

お問い合わせ

鷹南学園