ホーム > 学園経営 > 特集:鷹南学園まるわかり > 第6回 コミュニティ・スクール委員による、本音トーク 第1弾 その1

ここから本文です。

更新日:2017年9月20日

第6回 コミュニティ・スクール委員による、本音トーク 第1弾 その1

リードの画像
「特集:鷹南学園まるわかり」では、第2回の特集でコミュニティ・スクールについて取り上げました。今回は、コミュニティ・スクール委員会(以下、CS委員)の実像に迫ります。題して、『コミュニティ・スクール委員による、本音トーク』。

第1弾は、CS委員が実際にどんなことを考え、どんなことをしているかを、委員会に設置された三部会の部長と、そして、現役保護者代表としてCS委員になっている二人のPTA会長に伺います。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
畑谷貴美子
  鷹南学園CS委員会会長。評価部会および3校全ての分科会に所属。現新川・中原住民協議会会長。
小田切茂美
 鷹南学園CS委員会副会長。同評価部会部長。東台小分科会副会長。東台くすのきっず(地域子どもクラブ)代表。元東台小PTA会長。
宮﨑眞由美
 鷹南学園CS委員会副会長。同サポート部会部長。中原小分科会長。中原はちのすけクラブ(地域子どもクラブ)代表。中原交通対相談役。
松島真理
 鷹南学園CS委員会副会長。同広報部会部長。五中分科会副会長。中原小分科会所属。五中PTA副会長。元中原小PTA会長。
市之瀬静枝
 鷹南学園CS委員。広報部会所属。中原小分科会所属。中原小PTA会長。
五味芳江
 鷹南学園CS委員。広報部会所属。東台小分科会所属。東台小PTA会長。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

※豆知識※ CS委員は、任期2年(再任は4期まで)。各学校の校長先生の推薦によって選ばれます。3校すべての「学校運営協議会」委員と鷹南学園の「CS委員会」の委員を兼務しています。鷹南学園では、CS委員は部会と各校分科会の双方に所属しています(平成24年度現在。平成25年度にCS委員会の在り方が見直され、分科会は発展的に解消されました。)

自己紹介から

松島
今日は、どんな人がCS委員会にかかわって、どんなことをしているの?という疑問に答えるべく皆さんにお集まりいただきました。活動の紹介をしつつ、委員を引き受けてよかったこと、困ったことなど、本音の部分もお聞きしたいと思います。よろしくお願いいたします。

小田切
私は、PTAからはじまってそのまま東台小の(CS委員会の前身の)学校運営協議会に引き続き係わっていました。子供もすでに学校を卒業していたし、始めの頃は委員会がどういうものかも分からないまま、一生懸命言われたことを淡々とこなしていたというのが正直なところです。引き受けたからにはぴしっとやりたいなという思いはありましたけれど、今の保護者が「CS委員ってなにをしているのか分からない」という気持ちも分からなくも無いですね。

畑谷
私は開設準備会の時から係わっています。おそらく3校の先生方は、住民協議会に係わっている関係で「学校を取り巻く地域」ということで声をかけてくださったと思っています。

宮﨑
私は、中原小の学園開設準備委員会の時から係わっています。子供の在学時にはPTAの役員や、交通対委員をしていましたが、子どもが卒業してからは、お世話になったお礼に今度は自分が地域で子どもたちのお世話をする番だなという思いで交通対に残っていました。そのうち地域子どもクラブに声がかり、CS委員会に声がかかり、・・・。どうやって次の人に引き継ぐかが、今の自分の課題ですね。

市之瀬
私はCS委員会2年目です。2年前に中原小のPTA会長になったとき「PTA会長は保護者の代表として委員会に入る」と言われていたので、それを常に頭に置いて、保護者や子どもたちの声やいろんな情報を委員会に届けたり、委員会での大事な話を保護者に伝えたりを心がけています。

五味
昨年1年間、広報部会でスタッフとして活動させて頂き、今年からCS委員会を引き受けました。委員会のことが分かっているといろんな流れが分かって、やりやすいので、PTA会長はCS委員会にはいるべきだな、と思っています。

※豆知識※ 具体的活動を行う各部会、現場の課題を扱う各校分科会には、委員の推薦により「スタッフ」が加わることがあります。

松島
私は、小学校でPTA会長をしていた縁でCS委員会に係わり、PTA会長を退任したあとは地域協力者として、また今は中学校のPTA副会長という立場で委員を続けています。CS委員会とPTAの両方に係わることでお互いの活動に広がりが出てくればよいなと考えています。
段落$iの画像$j

CS委員会ってなにをやっているの?

段落$iの本文画像
松島
「CS委員ってなにをしているのか分からない」というのは多くの方の感想かもしれませんね。始めにCS委員の大きな役割のひとつ「協議する」という部分についてお話を伺い、それから「活動する」部分を各部長にお聞きします。協議の部分について、畑谷さん、ご説明いただけますか?

畑谷
CS委員の一番の仕事は「協議」の部分です。学園長、学校長から毎年出される経営方針などの内容について承認を協議するというのが一番の役目だと思っています。
私たち委員は学校に行く機会が多く、各学校のいろんな現場を見ています。先生が元気だと子どもたちもやはり自ずと元気になってきます。現場を見ていいところを保護者や地域に伝えていくのが役目じゃないかなと思っています。
伝えていくことによって「オラがまちの学校」として地域全体で学園というものを支える土台ができてくると思うんです。同時に、これはおかしいんじゃないかと思うことがあれば、私たちはそれを言える、言うべき立場にあると思っています。

小田切
CS委員になって、この協議機関という部分が一番重いというか、なかなか理解しづらいですね。実働の部分は「これをやらなければならない」ということがハッキリしていますけれど、協議機関として経営方針などについて承認を協議しているということを、どれだけのかたが理解しているのかなって思います。
また、「人事について意見を言う役割」というものがすごく重い。

宮﨑
役割があると言うよりも、「意見を言うことができるんですよ」ということだと思います。

※豆知識※ もちろん、「○○の得意な先生に来て欲しい」という意見を出すこともできます。

各部の活動について

段落$iの本文画像
【サポート部会】
宮﨑
学園の各校には保護者による学校サポートの体制があります。鷹南学園のサポート部会がなにをするかというと、調整役として、これらの活動について外から考えていくのがひとつの役割だと思うんです。
加えて、地域が係わる活動というものは、保護者によるサポートだけではなかなか作れない。例えば日本舞踊が上手とか、そういう人財が地域にいて必要なときに声をかけたら来て下さる。そういう地域力を活かせるように『学園共有の人財リスト』を作りました。「三鷹の歴史が聞きたいから詳しい人を紹介して下さい」とか「蚕を飼いたいから専門の人を紹介して下さい」とか、今のところツテはあるけれど、これから先、たとえば昔話を聞こうと思ってもその方がだんだんといらっしゃらなくなって、次は誰? ― そのためのリストです。

【評価部会】
小田切
評価部会では、今年、学校評価アンケートに、SMPというシステムを導入することになりました。
アンケートの結果が、重要度(回答者がこの項目は重要と考える度合い)と実現度(回答者がこの項目は達成できていると感じる度合い)という指標でグラフ化されて見えやすくなる ― 重要度が高いのに実現できていない項目があればそれが最優先課題なんですというのは、わかりやすいかな。
ただ、これまでとは形式がずいぶん違うので、本当にこんな急に切り替えてしまっていいのだろうか、保護者からすれば「簡単にはなったけれど、なに?この評価アンケート」と受け取られないだろうかという点が心配です。

松島
データが出て傾向が出ればよしではなくて、「結果を分析して来年度に向けて提言する」ことが期待されるんですね。

小田切
そう、課題が見えたら学校に「ここはどうなっているの?」と聞く。今年の教育目標に達していなかったら、次年度の教育目標で重点を置いてもらう。そんなふうに、どんどん伝えていくことが必要ですね。
今年の結果で重要度が高く実現度が低かったものが、来年度には実現度が向上しているとか目で見て分かるようになるということが大事なので、一年だけの調査では分からないです。次の評価部員になる人に伝えなくちゃいけないですねぇ。

市之瀬
えー、続けて下さいよ。

小田切
評価部会は、ある意味、やりやすいかもしれません。年間でどの時期になったらなにをやってというのが見えるところなので。だから、だれでも大丈夫ですよ(力説)。

【広報部会】
市之瀬
広報部会では、学園だより、地域の広報紙『ふれあい』、学園ホームページを作るに当たって、いろいろな取材をしたりして、多くの人に学園の様子を知ってもらえるように考えています。

松島
「鷹南学園まるわかり」。この特集は、学園やCS委員会のことを、自分たちにも分かる言葉でみんなに伝え、身近なものとして考えてもらおうと始めたものです。
記事を書いて初めて分かってくる部分があるんです。小学校と中学校の違いとか、学校や学園が<どんなことを大事にしているかとか、とか。「あ、そういうことだったのね」「そんな理由があったのね、そんな工夫をしていたのね」って。

畑谷
じゃ、新人CS委員はみんな広報部会に入ればいいかも。

松島
大歓迎です。
取材が中心ですから、パソコンができなくても大丈夫。
取材のときは、学校や学園にどんどん入り込んでいけます。小学生の保護者が中学校にいくことも、地域の方が学校に入っていくこともできます。子どもたちの姿や学校、学園の姿を間近に見られます。
広報活動は、やることが具体的で成果物が目に見えるので、学校や学園をよく知るとっかかりが一番あるンです!とここで宣伝させていただきます(力説)。

※豆知識※ 委員の推薦と委員会の承認をうけたスタッフが部会や分科会の活動に加わることができます。スタッフには、CS委員会の「承認を協議する」役割はありません。

小田切
学園だよりも、カラー写真があって、紙質がちょっと厚くて、となると「何かしら?」って興味が湧きますね。でも、なかなか予算がね。

五味
それが中々できない分をホームページでカバーしているんですよね。たくさん写真も入れるから見に来てね、と。


...つづく

リンク

お問い合わせ

鷹南学園