ホーム > 学園経営 > 特集:鷹南学園まるわかり > 第2回 コミュニティー・スクールってなんですか?

ここから本文です。

更新日:2017年9月20日

第2回 コミュニティー・スクールってなんですか?

リードの画像
前回のインタビューで「鷹南学園」の成り立ちや目的は分かってきたけれど、もう一つわかりにくいのが「コミュニティ・スクール」という言葉。
「地域社会」を意味する「コミュニティ」と学校がどのようにかかわっているのでしょう? 第2回は、分からないことは何でも聞く!がモットーの突撃インタビュアー『しずえ』がたかみなみ先生のところにおじゃましました。

コミュニティ・スクールについて

しずえ
初めまして、突撃インタビュアーの「しずえ」です。よろしくお願いいたします。
突然ですが、コミュニティ・スクールとは、どういう意味ですか?
たかみなみ先生
コミュニティ・スクールは、「保護者や地域の方が、学校運営に参画して活動することが法的に保障された学校」です。つまり、保護者や地域の人が、学校のあり方を一緒に考えてゆくことができる仕組みがコミュニティ・スクールです。
しずえ
保護者・地域が当事者である「じぶんたちの学校 - オラが学校」というところでしょうか。
たかみなみ先生
そうですね。
しずえ
いろんな地域に、コミュニティ・スクールがありますが、三鷹市のコミュニティ・スクールの特徴はなんですか?
たかみなみ先生
三鷹市の教育の特徴は、1.コミュニティ・スクールに基づいた、2.小・中一貫教育の実践です。今ある法制度の下で、かつ、既存の小・中学校をそのまま活かして、小・中一貫カリキュラムに基づいて系統性と連続性を重視して人間力と社会力を育むことに取り組んでいます。
しずえ
「今ある法制化の下で」というのは、今まで通り6・3制をとりながら、9年間の一貫した教育計画で授業を行うということですね。
「保護者・地域が責任をもって子どもたちの教育を支援すること」と「小学校から中学校まで一貫した教育を行うこと」のどちらも大事だということですね。

コミュニティ・スクール委員会はなにをしているの?

しずえ
鷹南学園には、コミュニティ・スクール委員会という委員会が組織されていますが、それはどういうものですか?
たかみなみ先生
わたしたちの学園では、【開かれた、信頼される学園づくり】を目指しています。コミュニティ・スクール委員会は、地域の方や保護者の方が学校の運営について協議を行っています。図にしてみると、こんな感じですね。
段落$iの画像$j
しずえ
えーっと、学園とコミュニティ・スクール委員会は、上下関係ではなくパートナーのように補い合う関係ということですか?
たかみなみ先生
そうです。
コミュニティ・スクール委員会の仕事は、「話し合い」「活動」することです。まず、地域や保護者の代表として、ひろく地域や保護者の方々の意見を吸い上げ、学園が示す経営方針や教育計画、さらに教育活動について評価し意見を言います。それが「話し合う」ということですね。また、学園の経営方針や教育計画について、地域や保護者の方々によく理解してもらうための工夫をします。
しずえ
なるほど。
では、「活動する」とはどういうことですか?
たかみなみ先生
鷹南学園のコミュニティ・スクール委員会には、評価部会、サポート部会、広報部会という3つの部があります。 評価部は地域や保護者による学園の評価を行うためのアンケートの実施を、サポート部会は学校や学園を支える「人財」の発掘と支援の仕組みの育成を、広報部は学園の活動を広く知ってもらうための学園便りや学園ホームページの取材や編集を行うと同時に、みんなの声が学園に届くような仕組みを考えています。
しずえ
学園評価アンケートは2学期に実施され、そこで明らかになった課題について、改善の方法などが示されていますね。
今のお話の中の「人財」とはどういうものですか?
たかみなみ先生
地域には、たくさんの「知恵」や「技術」や「才能」をもった人がいます。そういう人たちの情報を集めておき、各学校が総合的な学習を行うときのゲストティーチャーとして招いたり、新しい取り組みの手伝いをしていただいたりできるようにしています。
しずえ
なるほど、わかりました。
この図では、それぞれの学校に分科会がありますね?
たかみなみ先生
はい。そこの部分を拡大してみましょう。
段落$iの画像$j
たかみなみ先生
分科会では、それぞれの学校独自の課題について話し合いをしたり、具体的な取り組みを行ったりしています。部会や分科会には、コミュニティ・スクール委員以外にも「スタッフ」と呼ばれる保護者、地域の人たちが加わることがあります。そうやって、いろんな人の力を借りながら、【開かれた、信頼される学園づくり】をめざしているのです。
しずえ
よく分かりました。ありがとうございました。  
----------------------

コミュニティ・スクールというのは、地域や保護者が「オラが学校」を学校(学園)といっしょにつくっていくということなのですね。「地域立学校」ともいわれるように、学校(学園)の活動をきっかけにして地域が力をあわせる機会が増えると、「オラが町」も、生き生きとしてきそうです。

たかみなみ先生、ありがとうございます。
学園の教育のもう一つの柱、「小・中一貫教育」についても、知りたくなってきましたが、次の突撃インタビューの機会を狙うことにします。

お問い合わせ

鷹南学園