ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 音楽のつどい(5年生)

ここから本文です。

更新日:2015年6月24日

音楽のつどい 5年生(6月)

 今年度2回目の“音楽のつどい”が、6月24日(水曜日)に行われました。学年発表は、5年生です。

≪演奏曲目≫
・合唱「レッツ テイク ア チャンス」
・リコーダー二重奏「星笛」
・全校合唱「つばさをください」

 合唱「レッツ テイク ア チャンス」は、「チャンスをつかもう!」「思い切ってやってみよう!」という曲で、新たに高学年になった5年生にぴったりの一曲です。学年の音楽実行委員は、この曲の好きなところについて自分たちで話し合いをし、当日の曲紹介で発表してくれました。

“ぼくは、「鳥のように翼を広げ」というところが好きです。勇気を出せそうだからです。”
“わたしは、「夢に向かって」という言葉が好きです。将来の夢があるからです。”
“わたしは、最後の言葉「幸せをつかもうよ」が好きです。すてきに響かせたいです。”

 この曲を紹介した時から、すぐにメロディを覚えて、口ずさんでいた5年生。リズミカルに始まり、ふとしっとりした雰囲気に変わり、徐々に盛り上がり……サビ!という曲想の変化も、自然と表現していたことに、感性の豊かさを感じます。
 少し難しい合唱のハーモニーも、練習するたびにレベルアップして、安定した響きに仕上がりました。

音楽のつどい51

 リコーダー二重奏「星笛」は、切ないメロディが印象的な曲です。8分の6拍子のゆったりした流れを、5年生全員で感じて演奏しました。2つのメロディが、かけ合ったり、重なったりして、美しいハーモニーが生まれます。はじけるような合唱とは真逆の、夜空を想わせるような演奏に、会場の全員が聴き入っていました。

音楽のつどい52

 今回の発表では、指揮者も5年生の児童が担当しました。「どんなふうにこの曲を演奏しよう……?」「それをみんなに伝えるためには、どうやって指揮をしたらいいだろう……?」と、指揮者の希望者一人一人が熱心に考え、工夫している姿は、とても輝いていました。少ない練習期間の中で、課題を次々にクリアし、どんどん成長していく様子が、頼もしかったです。高学年になり、指揮者として活躍する機会も、これから増えていくでしょう。とても楽しみです。

 全校合唱「つばさをください」は、サビのノリがかっこよく、ドラマティックな編曲のものにチャレンジしました。親しみやすいメロディ、自然と気持ちを込められる歌詞が、みんなお気に入りの曲です。2番から、高音で「ラ~~~」というメロディが入り、合唱になるのが、この編曲の大きな特徴で、5・6年生希望者の美しい歌声が響きました。この曲で、自分の「新しい声」に出合ったり、高音を歌うことに目覚めたりした人が多く、6月の七小はいろいろなところで、「つばさをください」が聴こえてきていました。

音楽のつどい53

 どこからともなく、歌声や楽器の音色が聴こえてくる学校……音楽には、気持ちを変えたり、高めたりしてくれる力があります。音楽で少し気持ちをリフレッシュして、好きなこと・得意なことはもちろん、苦手なこと、ちょっと不安なことにもチャレンジできたら、毎日が楽しくなりますね。

 7月、9月は音楽のつどいはお休みですが、7月はGReeeeNの「あいうえおんがく」を月の歌として歌いました。アップテンポでノリがよく、でも、実は歌詞が深い……というこの曲を、一人一人がもっている「そのままの声」を生かして歌いました。好きな部分だけ選んで歌う活動では、自分の気持ちを重ねられたり、友達の歌声をよく聴けたりして、いつもと一味違う楽しさもありました。

 次の音楽のつどいは10月28日(水曜日)、学年発表は2年生です。どんな音楽も、全身でキャッチして楽しんでいる2年生の演奏を、お楽しみに!

 

お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第七小学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀7丁目7番7号

電話番号:0422-44-5378

ファクス番号:0422-76-0678