ホーム > 学校案内 > 学校だより > 平成28年度七小通信9月号

ここから本文です。

更新日:2016年9月1日

 

4年後を見据えて

校長 吉村 達之

 夏休みが終わり、2学期が始まりました。子どもたちは、どんな夏休みを過ごしたのでしょうか。きっと楽しかったことがたくさんあったのではないかと思います。話を聞くのが楽しみです。

 さて、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催されたオリンピックが終わりました。まもなく、パラリンピックが始まります。自分の限界に挑む選手の姿は、感動の一語に尽きます。パラリンピックでも、きっと素晴らしいシーンがたくさん見られることと思います。

 リオでのオリンピック・パラリンピックが終わると、次回、4年後の開催都市は東京です。その年、平成32年は、教育の分野においても大きな節目の年になります。文部科学省が定める「小学校学習指導要領」が新しくなるからです。この学習指導要領というのは、一言でいえば、小学校の6年間で指導すべき内容が示されているもので、教科書の構成や授業をはじめとする学校の教育活動全般など、すべてこの学習指導要領に基づいています。

 今回、学習指導要領が変わることで、指導内容はもちろん、指導方法についても大きな転換期を迎えることになります。その一つがアクティブ・ラーニングと呼ばれるものです。これには、「児童一人一人が主体的に学び、またお互いに協働しながら学んで課題を解決することができるように指導方法を工夫する」ことで、「これからの変化の激しい社会に生きる子どもたちに、より良く生きる資質や能力を身に付けさせる」というねらいがあります。現在、三鷹中央学園では、2年間にわたり、この研究に取り組んでいます。下のお知らせの欄でもご案内しました、今月21日の本校での研究授業も、その一環です。

 また、道徳が「特別の教科 道徳」となったり、高学年の外国語活動が「外国語(英語)」となったりと、新たに教科化されるものもあります。英語教育については、オリンピック・パラリンピックが開催されることとあいまって、東京都は特に力を入れています。本校でも2学期から、「英語の日常化」を目指して、教職員も児童も、挨拶や短い言葉かけを英語で言ったり、私がちょっとした時間を使って、子どもたちを集めて英語を教えたりするといった取組も行っていきます。

 東京オリンピック・パラリンピック、そして新しい学習指導要領が施行される4年後も見据えながら、日々の教育活動を充実させていきます。保護者・地域の皆様のご理解、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

学校だよりのダウンロード

平成28年七月通信9月号(PDF:849KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第七小学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀7丁目7番7号

電話番号:0422-44-5378

ファクス番号:0422-76-0678