ホーム > 学校案内 > 学校だより > 平成28年度七小通信5月号

ここから本文です。

更新日:2016年5月2日

 

“万一に備えて”

校長 吉村 達之 

 

 報道等でご存じのとおり、熊本県と大分県で、震度6や7といった強烈な地震が複数回にわたり発生し、いまだに余震が続いています。多くの方が亡くなり、避難している方も大勢います。心よりお悔み、お見舞いを申し上げます。

 今回の地震は、断層を震源とする、震源の浅い直下型の地震のようですが、ここ東京もひとごとではありません。今回の地震のように複数回にわたって大きな揺れに見舞われると、耐震構造の建造物も被害を受け、使用できなくなる場合があることもわかりました。

 本校では、地震や火災など万一に備えて、児童の安全を図るための避難計画の策定をはじめ、年間を通じて避難訓練、防災教育を行っています。この2月には、愛知工科大学等の協力で、バーチャル機器を活用した防災教育を行い、あらためて防災の大切さを子どもたちも学んだところです。また、学園全体でも防災に力を入れ、市の防災課や連雀地区住民協議会と連携をしながら、学校を会場とした地域の防災訓練の実施や、学校が避難所になった場合のマニュアルの改訂、避難所運営の方法などについても協議を進めています。

 このような災害は、児童が学校にいる間に起こるとは限りません。外にいるときや自宅にいるときなど、様々な状況が想定されます。ご家庭でも、ぜひこの機会に、お子様を交えて「防災」についてお話していただき、万一の場合の行動についてご確認いただければと思います。

 

学校だよりのダウンロード

平成28年七月通信5月号(PDF:546KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第七小学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀7丁目7番7号

電話番号:0422-44-5378

ファクス番号:0422-76-0678