ホーム > 学校案内 > 学校だより > 平成28年度七小通信6月号

ここから本文です。

更新日:2016年6月1日

 

子どもたちへ「ありがとう」を

副校長 新井 保志 

 

 毎日、子どもたちはランドセルを背負って元気に登校してきます。そして勉強したり遊んだり……学校で楽しく一日を過ごします。当たり前のことのように考えがちですが、果たしてそうでしょうか。

 当たり前に思えることについて感謝の気持ちをもって子どもたちに接することは、とても大切なことだと考えています。

  • 学校に来てくれて、ありがとう。
  • 席について、先生の話を聞いてくれて、ありがとう。
  • 当番活動や係活動を一生懸命してくれて、ありがとう。

 このような姿を、認め、価値付け、時には心の中に留めずに伝えていくことで、子どもたちは、

「なんだ、ぼくってすごいんだ。」

「へえ、私ってがんばっているんだ。」

と、自己肯定感をもつようになります。

 学校生活だけではなく、日常生活の様々な場でも子どもたちは無意識のうちに、当たり前のようだけれど実は価値あることをしているように思います。大人というものは欲張りなもので、目の前の子どもを見た時、一つのことができるようになると「もっともっと」と、更に上へ上へと期待し、時には無理をさせてしまうことがあります。

 入学、進級してから2か月。心にゆとりをもち、価値ある姿を認めるアンテナを少し高くしながら、4月からの日々の小さな歩みが、とても大きな成長へとつながっていることを学校と家庭とで共有したいものです。そしてそれぞれの立場で、子どもたちへ「ありがとう」と言葉で伝えていけると良いと考えています。

 

 6月は、東京都ふれあい月間(いじめ防止)です。子どもたちが笑顔で過ごせるよう、学校でも子どもたちの様子について丁寧に見ていきます。ご家庭でも、お子様について何か気になることがありましたら、担任までご連絡ください。

 学校だよりのダウンロード

平成28年七月通信6月号(PDF:1,074KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第七小学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀7丁目7番7号

電話番号:0422-44-5378

ファクス番号:0422-76-0678