ホーム > 学校経営 > 慣用句クイズ

ここから本文です。

更新日:2020年4月23日

慣用句クイズ

慣用句とは、2つ以上の言葉がむすびついて、元の言葉とはちがう新しい意味をあらわす言い方です。国語の教科書では、3年生で出てきます。例えば、「道草を食う」は、道ばたに生えている草を食べることではなく、目的の場所に行くとちゅうで、ほかのことをするという意味です。(これは、3年生の教科書86ページに書いてあることです。)国語辞典で調べると、意味が書かれている慣用句もあります。

下の慣用句クイズは、体の部分の名前を使った慣用句の問題です。6年生のみなさんでもわからないものがあるかもしれませんよ。ぜひちょうせんしてみてください。そして、ぜひ意味も調べてみてください。自分が作文するときに、慣用句も使ってみると、表げんが広がりますよ。

 

慣用句クイズ(PDF:43KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第七小学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀7丁目7番7号

電話番号:0422-44-5378

ファクス番号:0422-76-0678