ホーム > 学校生活 > 職員室の窓から > 充実の2学期 3

ここから本文です。

更新日:2016年12月26日

充実の2学期 3

小・中交流

 11月30日(水)朝、四中の制服姿と小学生の姿が並んでいます。

aisatu1

 反対側から見ると、

aisatu2

 三小、七小、四中の代表児童・生徒が、登校する四中生徒にあいさつをしているところでした。

 三鷹中央学園・学園交流あいさつ運動です。この後、三小、七小においても同様に学園交流あいさつ運動を行いました。

 三鷹中央学園では、3校の教員が6つの委員会に分かれて様々な学園での取組を行っています。このあいさつ運動は、交流委員会の取組です。

 交流委員会は、生活指導委員会と連携し、11月4日(金)に児童・生徒代表者会議を開催しました。

daihyo

 SNSルールについて、話し合っています。児童・生徒による主体的ないじめ防止の取組の一環でもあります。

 中学生が頼もしくリードしてくれます。小学生も、しっかりした問題意識で話し合っています。

 3学期、1月17日(木)に、「電子機器(SNS、携帯、ゲーム機など)の利用について学園のルールを考えよう」をテーマに第2回の会議を開催する予定です。

 さらに、1月26日(木)には、三小、七小の6年生が四中の授業を体験する中学校体験入学を実施する予定です。四中生徒に、生徒会の紹介もしてもらいます。

 

小・小交流

 三小と七小の5年生が仲良く手をつなぎ、笑顔でコミュニケーションを図りながらレクリエーションを楽しんでいます。

syousyou5

 12月20日(火)の午後、5年生は三小で、6年生は七小で、それぞれ小学校同士の交流会「スマイル・フェスタ」(小・小交流)を行いました。

 三小、七小合わせて百数十人の児童が一緒に活動します。これを児童自身が運営します。とてもよい学習になります。

 また、5・6年生は11月に、三小の音楽会、七小の学芸会をお互いに鑑賞し、交流しました

6nenn

5nenn

 七小の児童が、音楽会を鑑賞しての感想を言葉にして届けてくれました。本当に「みんなの仲間」です。

 

小・中相互乗り入れ授業

noriire

 教室に先生が2人います。

 この日は4年生の国語の授業に、四中の国語の先生が来てくれました。

 中学校の先生は、教科の専門家です。いろいろな助言をしてくれます。

 今学期も、四中の国語、体育の先生が主に6年生の授業に入ってくれました(週あたり7時間)。

 また、三小からは、四中1年生の数学と英語の授業に主に4年生の担任が入り、小学校の視点から生徒の学習の課題を見付け、支援をしました(週あたり8時間)。

高学年の一部教科担任制

 6年生の外国語活動の授業を6年3組担任とALTが行っていますが、

kyokatannninn1

 教室は6年2組です。

kyokatannninn2

 5・6年生では、社会科、家庭科、体育科を基本に、3学級の担任がそれぞれ1教科を担当し、学年3学級で授業を行う教科担任制を一部で実施しています。

 学年の3人の担任、3クラスの児童が、お互いのことを理解すること、教員が同じ授業を他学級でも行うことで複数回授業を実施し磨いていくことをねらいとしています。

 

読書活動

dokusyo

 2学期の読書週間では、三鷹中央学園3校の合同企画等、連携して読書活動を行いました。中休みの終わる頃ですが、掲示物を熱心に見て話し合っています。

 冬休みにも、三鷹中央学園推薦図書を読んでみてはいかがでしょう。

 

三小わいわい広場

waiwai

 ランチルームの入口。英語のポスターが掲示されています。

 三鷹中央学園と国際基督教大学との協力による留学生との交流活動を紹介しています。

 2学期も、マギーさんという留学生が、わいわい広場の活動に参加して交流をしました。

 

地域安全マップでも

 今年度、都知事から表彰を受けた4年生の「地域安全マップ」の学習。これも、三小だけではなく、七小でも行っている三鷹中央学園の取組です(七小は3年生が実施)。

 4月の授業計画の打ち合わせから始まり、フィールド・ワークの下見、実施、マップ作りの視点の学習、取材のまとめなどを行って、安全マップを作り上げました。

kougi

work

matome

 学校公開日に、フィールド・ワーク等にご協力いただいた皆様を招いて地域安全マップ発表会を開きました。

happyou

 さらに4年生児童は、安全マップづくりで学んだ視点から、地域の安全のために自分たちにできることをまとめ、三鷹市に提案しました。

teiann

 それが実って、2学期には、落書き消し、ポスター貼り、ごみ拾いの活動を行いました。

rakugaki

posuta-hari

 このように学習活動を豊かに展開できるのも、三鷹中央学園の地域の方々が支え、市の担当課や警察署とつないでくださったこと、それを継続して取り組んできたことが大きな原動力でした。

 三小だけでは実現できない、三鷹中央学園4年生の学びの姿がありました。

 

 このように、三小が小・中一貫教育校:三鷹中央学園の1校であることが、日常の教育活動に生かされています。

 

校内でも

 三小の中でも、学年間の交流の機会は様々です。「なかよしグループ活動」はその代表ですが、ほかにもあります。

ongakumessage

 大きな行事や音楽朝会での発表後に、お手紙を書き合います。

 3学期にも、三小郵便局など、ほかほかとあたたまる言葉で交流します。

 

低学年の校内研究と交流活動

12nenn1

setumeisyo  

 2年生が1年生を招いて自作のおもちゃで遊んでいます。

 このおもちゃは、2年生が国語科の説明的文章の学習から考えて作ったものです。

 下の画像は、11月に実施した2年生の校内研究授業の様子です。

kokugo2

kokugo

 教科書の説明的文章を読み取り、文章の組み立てなどを学び、関連図書を選んで読み、おもちゃの作り方の説明書を書きました。

 アクティブに、主体的・対話的で深い学びにつながっています。

 3学期には、今度は1年生が、幼稚園や保育園の園児を招いて交流活動をします。楽しみです。

お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第三小学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4丁目12番3号

電話番号:0422-43-2128

ファクス番号:0422-76-0675