ホーム > 学校案内 > 学校だより > 平成29年度 三小だより1月号

ここから本文です。

更新日:2018年1月17日

平成29年度 三小だより1月号

1月の生活目標

規則正しい生活をしよう

「古(いにしえ)の知恵」との対話から描くこれからの学びの姿

校長 佐伯 孝司

新年の 白紙綴じたる 句帖かな  正岡 子規
 新しい一年の始まり。時の流れに区切りを付け、気持ちが改まり、背筋が伸びる思いです。白紙には、どんな言葉が書き込まれていくのでしょう。新年は一つの節目、気持ちを新たにして目標に向かう好機です。
去年(こぞ)今年 貫く棒の 如きもの  高浜 虚子
 しかし、時間に区切りを付けるのは、人間の意識です。時の節目も貫き、時の流れを超えて大切にしたいこともたくさんあります。それは明確な意識で一本筋を通していきたいと思います。
膝に来て 模様に満ちて 春着の子  中村 草田男
 それでも時が止まってほしいと思うこともあります。お子さんが愛おしく感じたその一瞬が絵に描いたように鮮明に心に残ることもあります。その一瞬一瞬を積み重ねることは、親も子も心を豊かにしてくれます。

主体的に学ぶ姿 新しい年、【目標】と【見通し】をもつこと、その際に前年までとのつながりを考え【振り返る】【次に生かす】こと。長い一年、目標と見通しをもって粘り強く、時々立ち止まって評価しながら前に進んでいきたいものです。その「主体的に取り組む態度」は、これからの時代に求められる学びの姿です。

深く学ぶ姿 今の時代、冒頭の俳句があるというような知識は、手のひらに小さなスマートフォンがあれば、いつでもどこでもすぐに集めることができます。これからの学びは、知識の量のほかに大切にしたいことがあります。それらの知識や考えを結び付ける思考力です。それを実際に生かすための判断力です。例えば、
○自分の目標と結び付けて必要性を判断する→軽重をつける、取捨選択する→課題の解決に向かう
○知識を相互に結び付けて関係性を検討する→新たな考えを見出す、順序性や因果関係を見付ける →整理して活用する
などです。
このような学びは、スマホを使う私たちの思考が活発にならなければ成り立ちません。そうして得た知識の方が、個別に覚える知識よりも、深い理解につながり、身に付くと考えます。「考え方を大切にして知識を結び付け深く理解する姿」は、これから求められる学びの姿です。

対話的に学ぶ姿 私たちは普段様々な思考方法を使って考えています。例えば、【分類・比較する】【類推する】【多面的に見る】などです。2×2と2×3の答えを知っていることは大切です。さらに、その2つの式を比べて【共通点・相違点】を見出すという考え方、多面的に考え合って類推し「二の段」の式と答えの関係に【きまりを見付ける】という考え方もとても大切です。私たちは未知の問題を解決しようとする際、そのような考え方を駆使しながら生きていくからです。前述のように、知っているだけでなく、結び付けて思考する技能が必要となります。
 思考を一層広げ、深めるには、「対話」がとても有効です。私は当然、子規や虚子らと直接対話したことはありません。それでも、先人と【書物等を通じて「対話」】をしながら考えることはよくあります。たいてい、一人で考えるよりもよい考えに至ります。書き言葉は残りますし、視覚的にとらえられます。思いや考えを書(描)いた表現をさらに思考の対象としたり、書(描)いた紙を操作して整理したりすることができます。自分の考えを多面的・多角的に見つめ直したり、結び付けて整理したりしやすいからだと考えます。もちろん児童にとって身近な友達や教職員、社会とのつながりを意識できる地域の方々等と【直接話す「対話」】も同様です。その過程では、伝わりやすくする、自らも考えやすくするための表現力を伸ばすことも必要ですし、伸ばせると思います。「『対話』を上手に使って思考を広げ、深める姿」も、これから大切な学びの姿です。

 去年今年を超えて貫く棒の如くに、児童にこれらの姿が見られるような学校を教職員一同、皆様と共につくっていくことができれば幸いです。1月19日(金)の三鷹中央学園研究発表会、2月の学校公開等で、私たちや皆様にとって愛おしい児童の姿が心に残るような場面をつくれるよう、気持ちを改めて努めてまいります。三小の児童に、関わってくださる全ての皆様に、今年もよいことが重なりますように。
新(あらた)しき 年の始めの初春の 今日降る雪のいや重(し)け吉言(よごと)  大伴 家持

29年度三小だより1月号写真01 

三鷹中央学園3校の全教員が共に「書(描)く」活動を取り入れ、考え、表現する児童・生徒を育てる授業研究を行っています。

将来の夢 6年1組

ぼくの将来の夢は、図書館で働くことです。理由は、委員会活動で図書委員をしていて、図書館に来た人たちに本のおもしろさを伝えたいからです。

ぼくの将来の夢は、国境なき医師団の一人になることです。なぜなら、たくさんの命を守りたいからです。そのことで安心して過ごせる人が増えればいいと思います。

将来、音楽・作曲家になりたいです。米津玄師さんと父に憧れているからです。落ち込んだ時にその曲を聴いて元気をもらったので、ぼくもそんな曲を作りたいです。

私の将来の夢は編集者になることです。理由は、日本中の人に作家が魂をこめて書いた作品を送り出す担い手になりたいと思ったからです。

ぼくの将来の夢はプロ野球選手になることです。阪神の試合を見て、スクリーンに選手の名前が掲示されてありました。僕の名前も掲示されたいです。

私の将来の夢は、青い鳥文庫などの小説家です。理由は、書きたい物語ができたからです。物語を考えていると、色々なアイディアが浮かんできて楽しいです。

ぼくの将来の夢は、プロ野球の巨人のチームに入ることです。理由は、田口選手がピッチャーをやっているところを見て、すごいピッチャーだなと思ったからです。

ぼくの将来の夢はオンラインゲームを通じて有名になることです。ゲームを改造し、自分の名前を世界に刻みたいです。

ぼくの将来の夢は、IT系企業の社員です。理由は、人工知能のロボットなどで人々の生活を豊かにしたいからです。みんなの笑顔をつくるためにがんばります。

ぼくの将来の夢は、定食屋を開くことです。なぜかというと、自分の料理を食べてもらって、おいしい食事の幸せを知ってほしいからです。 

ぼくの将来の夢は、サッカー選手です。理由は、憧れのクリスティアーノ・ロナウド選手みたいにたくさん点を取り、ファンを沸かせたいからです。

私の将来の夢は、大手の文房具会社で商品開発をすることです。理由は、かわいい文房具でたくさんの人を幸せにしたいからです。

私の将来の夢は、動物愛護センターで働き、一匹でも多くの動物を救うことです。なぜなら、犬や猫の殺処分の現状を知り、大好きな犬や猫を救えたらと思ったからです。

ぼくの将来の夢は、ゲーム関係の会社に入ることです。なぜなら、ゲームの楽しさをたくさんの人に体験してもらいたいからです。

ぼくの将来の夢は、医者です。一人でも多くの命を助け、病気を治したいと思ったからです。また、ガンなどの重い病気を治す薬も新しくつくりたいです。     

将来の夢は、オリエンタルランドで働くことです。なぜなら、お客さんのために朝早くから夜遅くまで働き、楽しませてくれていることを知って憧れたからです。 

私の将来の夢は獣医師になることです。低学年の時から決めていました。一回注射を打ったら狂犬病にならない薬も作りたいです。

僕の将来の夢は、動物園の飼育員になることです。理由は、動物が好きだからです。その動物の気持ちになって考え、よりよく動物と共存していきたいです。   

ぼくの将来の夢はまだ決まっていません。これからいろいろな経験を通して、楽しい夢を見つけていきたいと思います。 

僕の将来の夢は、精神科医になることです。なぜなら、世界中の心の病気で苦しむ人々の実態を本で知り、そのような人々に手を差し出せる人になりたいからです。 

ぼくの将来の夢は、ゲーム関係の会社に就職して、みんなに楽しめるようなゲームを開発していきたいです。

ぼくの将来の夢は、医者になることです。テレビや写真で重い病気を見て、何とか治してあげたいと思いました。

将来やってみたいことは、動画で歌を歌う人になることです。理由は「歌ってみた」の動画が好きで、ずっとあこがれていたからです。働きながらニコニコ動画などで活動したいです。

私は、IT専門学校に入ってIT関連の仕事をしたいです。なぜかというと、パソコンを操作するのが好きだからです。必ずその仕事に就きたいと思います。

私は将来水泳選手になって、記録でベストをたくさん出していきたいです。なぜなら、ベストを出して速くなればライバルをどんどん抜かすことができるからです。

ぼくの将来の夢は、スマホゲーム関係の会社で働くことです。そして、いろんな人を楽しませるようなゲームを開発していきたいです。

私の将来の夢は、ピアニストになることです。理由は、3歳の頃からピアノが好きだからです。世界中の人々に音楽のよさを知ってもらえるような人になれたらよいと思います。

ぼくの将来の夢は、ゲームクリエイターです。理由は、5年生の時パソコンクラブに入り様々な機能を覚え、興味をもったからです。

僕の将来の夢は、まだ決まっていません。でも、人の役に立つ仕事に就きたいです。たくさんの人に喜んでもらいたいです。

私の将来の夢は声優になることです。なかなか表に出ない職業だけれど、この職業によって、たくさんの人が笑顔になったり、考えたりしてくれることに憧れたからです。

私の将来の夢は獣医師です。理由は、動物が好きで、具合の悪い動物たちを助けたいと5才の時から思い続けてきたからです。

ぼくの将来の夢は、国連に勤めることです。英語を生かして、世界の問題などを解決していきたいです。

平成28・29年度 三鷹市教育研究協力校 
三鷹中央学園 研究発表会のご案内

【研究主題】「自ら考え、表現する児童・生徒を育てる指導の工夫」
~主体的・対話的で深い学びを視点とした学習過程の改善~

平成30年1月19日(金)13:30 ~ 16:45
◆会場 第四中学校・第三小学校
◆公開授業 13:30~14:15(14:30)
 ※教室は当日会場でご案内します
*三小会場 2年3組、3年2組
*四中会場 5年2組(60分授業14:30まで) 6年2組
◆講演 15:40~16:40 *四中体育館
「新学習指導要領の学力論と主体的・対話的で深い学び 」
講師 上智大学教授 奈須 正裕 先生

29年度三小だより1月号写真05
「かく活動(書く・描く)」を通して自らの考えをまとめ広げ・深め、表現します!

保護者の皆様も、ぜひ公開授業をご参観ください。
講演や研究発表等にもどうぞ。
※未就学のお子様連れでのご来校はご遠慮ください。
※名札、上履き、靴を入れる袋をご持参ください。
詳細は、三小ホームページ内のご案内等をご参照ください。

三鷹中央学園の窓

学園各校通信「七小」  「オリンピック・パラリンピック講演会」を行います!

1月30日(火)の3・4校時に、「オリ・パラ講演会」を行います。この講演会は、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、児童の理解を深める一環として全校児童を対象に行うものです。今年は歌と手話の融合ユニット「アツキヨ」さんによるコンサートを通じて、聴覚障がいへの理解を深めます。

学園各校通信「四中」  本年も四中をよろしくお願いいたします。

1年生は都内めぐりに向けて、2年生は自然教室に向けて、2学期からそれぞれ準備を進めています。3年生はいよいよ入試本番です。
体調管理に気をつけて万全の状態で臨みましょう。生徒会役員とボランティアでチューリップを校庭、三小花壇にも植えました。どうぞご覧ください。

三小の給食について

給食主任 髙嶋 詩

 新年を迎え、学年の総まとめの時期となりました。           
 様々な行事に向けて取り組む中や普段の生活の中でも、いつも子供たちの大好きな「給食」があり、ちょっぴり疲れたとき、栄養満点の給食を食べることで、また「笑顔」で「元気」になっていく三小の子供たちです。
 三小の給食指導には、6つの目標があります。
○食事の重要性、喜びや楽しさを理解する。
○心身の成長や健康の保持増進のうえで、望ましい栄養や食事のとり方を理解し、自ら管理していく能力を身に付ける。
○正しい知識、情報に基づいて、食物の品質及び安全性について自ら判断できる能力を身に付ける。               
○食物を大切にし、食物の生産・調理等にかかわった人々へ感謝する心を育む。
○食生活のマナーや食事を通し、人間関係形成能力を身に付ける。 
○各地域の産物、食文化に触れ、尊重する心をもつ。
 これらの目標を軸に、給食指導を進めています。
 ランチルームでの給食の際、調理員から食材について興味をもたせる話を行ったり、栄養士との「栄養」についての授業を行ったりしています。また、年に一度、給食試食会を開催し、PTAの方々に協力していただきながら、学校給食を知ってもらう機会も設けています。今年も、健康な心と体つくりに欠かせない「給食」を大切にしてまいります。

29年度三小便り1月号写真06   29年度三小便り1月号写真07

「三鷹産野菜の日」の取組        全学年で行う栄養士と担任による食育の授業

1月の行事予定

 9(火)始業式 4時間授業 健康週間(~12金)
10(水)給食始 大掃除 特別交通安全指導(~11木)
11(木)児童集会 
12(金)朝読書 計測(1年) 
15(月)児童朝会 委員会⑨ 計測(2年)
16(火)計測(3年) 
17(水)計測(4年) 4時間授業(三鷹市立小・中学校教育研究会=鷹教研のため)下校13:20頃
18(木)計測(5年) 4時間授業(研究発表会準備のため)下校13:30頃
19(金)朝読書 3時間授業(3校時60分授業・給食有)下校12:35頃 三鷹中央学園研究発表会(2-3、3-2、5-2、6-2は5校時まで)
22(月)児童朝会 クラブ⑨ 計測(6年) 三小体つくり運動週間(~2/2金)
23(火)避難訓練 なかよしグループ活動 三鷹中央学園児童・生徒代表者会議(四中)
24(水)校内書写展(~31水)
26(金)朝読書
29(月)児童朝会 クラブ⑩
30(火)社会科見学(3年)
31(水)中学校体験(6年)

小・中一貫教育校だからこそ「小・中交流」

三鷹中央学園 児童・生徒代表者会議(第2回)

三小・七小の代表委員、四中の生徒会役員が各校の意見を持ち寄り話し合います。今年度の議題は「みんなが安心して過ごせる学校にするために、私たちにできること」です。学園としてのいじめ防止に向けた取組としても位置付けて、3校で協力しています。

29年度三小便り1月号写真08

三鷹中央学園 「中学校体験」

夏の「部活動体験」に続き、三小・七小の6年生が四中を訪問します。中学校の授業を体験し、生徒会か
ら中学校生活について紹介してもらいます。中学校生活のスタートが楽しみになるよう3校で協力しています。

29年度三小便り1月号写真09

スクールカウンセラーの勤務日

木曜日 長谷川 和泉(市SC)8:30~16:45
金曜日 兼城 賢志(都SC) 9:30~18:00
◎電話等で予約をしてからお越しください。

 

三小だよりをPDFでご覧になりたい方は、下記↓をクリックしてください。

平成29年度 三小だより1月号(PDF:666KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第三小学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4丁目12番3号

電話番号:0422-43-2128

ファクス番号:0422-76-0675