ホーム > 学校生活 > 職員室の窓から > 職員室の窓から 3月

ここから本文です。

更新日:2015年3月2日

職員室の窓から 3月

やさしいことば

yuubin1yuubin2 2年生が、郵便局の見学で学んだことを生かし、全校児童のやさしいことばを届けてくれています。

 「三小ゆうびん局」です。心の中にある「ありがとう」や「あなたのいいところ」などを特製のはがきに書いてポストに入れると、2年生の郵便局員が各教室のポストに届けてくれます。職員室や校長室にも届きます。言葉の大切さ、書き言葉の良さも実感してくれたらいいなと期待しています。3月6日(金)まで行います。

 

 

 

tegami

 本校では、音楽朝会等の発表の後、発表した学年に他の学年からやさしいほめ言葉が届くようにしています。

 言われてうれしい言葉を考える機会になります。言われた側も、次の学習への意欲にもつながります。

 

 

 

 

 

 

sc

 友達に貸していた本を返してもらったら、汚れがあることに気付きました。あなたならどのように伝えますか。

 5年生を中心に、スクールカウンセラーが授業に入り、自己表現の仕方を考える授業を行いました。

 「おどおどさん」「いばりやさん」「さわやかさん」の3つのタイプを例示し、ロールプレイングをとおして、嫌なことでも上手に伝える表現の仕方について考えることができました。

 児童がスクールカウンセラーを身近に感じてくれるきっかけにもなっていることと思います。

 

 

 

5nenn3

5nen2

 スクールカウンセラーだけでなく、教員も相互に連携しています。

 2月14日(土)の学校公開では、5年生が一部教科担任制での授業を公開しました。この時間は、2組の授業を3組の担任が、3組の授業を2組の担任が行っていました。学年がチームとなって相互理解に努め、関係づくりを進めます。また、教員が同じ授業を複数回行うことで授業の改善を図り、お互いの学級の学習の進め方について話し合い、よりよい学習の実現をめざしています。本校では、5・6年生でこの取組を実施し、中学校への円滑な接続をと考えています。

 

 

 

tyuugakusei2

tyuugakusei 2月24日(火)、四中生のやさしい言葉にもふれることができました。

 四中の3年生が、ボランティア活動として、学習のお手伝いに来てくれました。休み時間には、一緒に遊んでくれました。頼もしい、あこがれの四中生です。

 

 

 

 

6nenn

 下級生にとてもやさしい6年生も、もうすぐ中学生。卒業前に感謝の気持ちをこめて、校舎をきれいにする活動をしてくれています。

6nenn2

 

 

 

 

 

 たくさんのやさしい言葉や行動があふれる「やさしい三小」でありたいと願って取組を進めています。

 

お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第三小学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4丁目12番3号

電話番号:0422-43-2128

ファクス番号:0422-76-0675