ホーム > 学校生活 > 職員室の窓から > 職員室の窓から 2月

ここから本文です。

更新日:2015年2月1日

職員室の窓から 2月

学園研究の成果

 1月28日(水)の学園研究では、次の4つの授業を行い、それぞれに三鷹中央学園の全教員が分かれて研究をしました。

 読む、書く、話す・聞く活動を行い、自分の考えを深めたり、友達と学ぶことのよさを感じたりすることができました。

1年1組 算数 20より大きい数

20yori20yori2  しっかり考えをもって発表しています。

    数をきっかけに、本の世界にも親しみました。

 

 

 

 

4年1組 国語 ごんぎつね

gon

 前の時間までに読み取ったことと関連付けて考え、教科書にメモしたり、ノートに書き出したりしながら話合いを深めました。

 授業時間が終わっても、意見を言いたくて手を挙げ続ける子どもたちの姿が印象的でした。

 

 

 

4年3組 体育 跳び箱

tobibako 技を上達させるポイントを学び、一人一人の課題に応じて跳び箱を設置しました。

 自分たちで考えながら、アドバイスをおくり合っていました。

 

 

 

5年3組 国語 ビブリオバトル 

bib5nen

 自分が面白いと思う本を紹介する発表を行い、その発表について話し合い、評価し合います。

 紹介された本は、授業後に教室前に並べられ、たくさん読まれていました。

  

 学園研究として、七小と四中の先生からも授業についての意見をもらうことができてよかったです。

 四中の先生は、専門教科の立場から、また、中学校での学習につながるように意見を出してくれます。七小の先生は、同じ小学校の立場から児童の学びを見てくれます。また、三小には設置されていない教育支援学級の先生が、よりきめ細やかな配慮について話してくれます。

 

研究成果を生かして

 例えば、5年生のビブリオバトルの成果はこのように生かされています。4nen

 4年生のこの学級では、学校公開で実施した「二分の一成人式」のスピーチをもっと上手にしようと、5年生のビブリオバトルチャンピオンのスピーチを実際に聞かせてもらいました。その成果は、2月14日の学校公開でご覧いただけたでしょうか。

 

 

 

 

 

2nenn

 ほかの学年でも、その学年に応じた発表の仕方・内容で、本の紹介のスピーチをしています。

 左の写真は2年生。この学級では、「ひとことコマーシャル」と好きな場面の絵を中心に発表しています。「一言で表す」というのは、話題の中心を明確にする、要旨をまとめるという学習にもつながる大切な力です。質問もたくさん出て、話し方だけでなく、紹介された本の内容に踏み込んだ話になっていました。

 

 

 

6nenn3

 6年生のこの学級でも、2月14日の学校公開日にビブリオバトルの授業を行いました。5年生の授業での成果と課題を受けて、特に発表内容と話合いの内容が充実していたと思います。

 

 

 

 

6nen2

 この6年生の授業に至るまでに、こんな工夫をしています。

 左の写真は、自分の発表のビデオを見て話し方の振り返りをしているところです。

 別の角度から見ると・・・

 

 

6nen5

 左側の小部屋で発表のビデオ撮影をし、右側のスペースでその映像を見ています。

 ビデオで撮影した映像が、一定時間後に自動的に右のモニタに流れるようになっています。

 このような練習方法も、5年生の授業づくりの過程で工夫してきたものです。

 

 

 ご紹介したのは一部の例ですが、このようにして、研究の成果を三小の子どもたちのために最大限に生かせるよう努めています。

 

 

 

 

お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第三小学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4丁目12番3号

電話番号:0422-43-2128

ファクス番号:0422-76-0675