ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 3年生カンガエル地域防災

ここから本文です。

更新日:2019年11月29日

3年生カンガエル地域防災

 大地震発生!!その時・・・

3.11から9年近くが経過し、3年生くらいの年頃だと「話には聞いているけど・・・」という声も多く聞かれます。私たち大人は、子どもたちに何が伝えられるでしょうか。また一緒に何を考えていくべきなのでしょうか。今回の学習は、子ども、教員、家庭、地域が一体となった学習活動となりました。

事前学習で知ったことを確かめるためのフィールドワーク

bousai1

事前学習で、「自動販売機は無料で飲み物を取り出せるベンダーとなる」「公園のベンチがかまどに変身する」「公衆電話が無料で使える」「道にも消火器がある」ということを学習した子どもたち。

実物を見てくる学習にも興味津々。とても意欲的でした。

みたかSCサポートネットの皆さん、自治会長さん、市役所防災課の協力もいただき、3クラスが「駅前コース」「すずかけ公園コース」に分かれてフィールドワークに出かけました。

 

bousai2

教室に帰った後のまとめでは、「駅前とすずかけ公園の周辺の大きな違いは、建物や人が集まる場所とそうでないところだ」という声がどのクラスでも上がりました。駅前には商業施設が多く、AEDや自販機、公衆電話が密集していました。また、防災倉庫の中身や、かまどベンチを実際に見せてもらえる経験や、災害時給水拠点についても学びました。お互いのコースで見てきたことを報告し合うことで更に深い学びとなりました。

bousai3   bousai5 bousai6 
 bousai3  bouisai4  bousai2
 かまどベンチやかまどスツールの仕組みを教えていただきました。  災害時、地域の防災倉庫や給水所が果たす役割を町内会長さんが説明してくださいました。  公衆電話やAEDがどこにあるのかも一生懸命確認しました。下の写真の青いマークは何だかわかりますか。
子どもたちは今、自分たちが調べて知ったこと分かったことを発信するために「わたしの防災ポスター」を描いています。

お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第三小学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4丁目12番3号

電話番号:0422-43-2128

ファクス番号:0422-76-0675