ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 6年 社会「原爆先生」から学ぶ

ここから本文です。

更新日:2016年11月5日

6年 社会「原爆先生」から学ぶ

 「きれいすぎる」

 この言葉の重みを切に感じる時間となりました。

 

 11月5日(土)、2・3校時に、「原爆先生」こと、池田眞徳先生をお招きして、お話を伺いました。池田先生のお父様の義三様が体験された、広島に原爆が落ちたその瞬間から終戦に至るまでの様子についてお話をいただきました。原爆が落とされ、次々と現れる凄惨な場面を義三様が受け入れがたく思いながらも、兵士としてそれに向き合った様子から、プレイルームにいた大人も子供も戦争の惨さを感じていました。

 池田先生

映像を用いて、お話をいただきました。

 

 教科書や本など活字から得られる情報もありますし、メディアで取り上げられる戦争関連の情報もあふれています。しかし、児童は、今回お話を伺う機会を経て、自分たちが知っていたことは一部に過ぎず、もっと大変な世の中であったと考えるようになりました。その世の中を生きた義三様が、原爆資料館の展示品を見て、「きれいすぎる」とお話しになったということから、私たちはまだ「戦争」についてまだまだ知らない、わかっていないんだ、という気持ちを強くしました。

 しかし、この経験をスタートにして、これから知識を獲得し、考え方を深めることはできます。「絶対に戦争を起こしてはいけない」ということをそれぞれが心から理解することができるよう、学習を進めてまいります。

お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第三小学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4丁目12番3号

電話番号:0422-43-2128

ファクス番号:0422-76-0675