ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 6年 オリンピック・パラリンピック教育「セパタクロー」

ここから本文です。

更新日:2016年11月4日

6年 オリンピック・パラリンピック教育「セパタクロー」

 今年度、東京都の全公立学校では、オリンピック・パラリンピック教育を実施しています。これは、スポーツを通して、知・徳・体の調和のとれた人間を育成することを目指し、オリンピック・パラリンピック競技大会の開催地において、子供たちが、スポーツにより心身の調和的発達を遂げ、進んで平和な社会の実現に貢献できるように、というものです。これにより、国際社会に貢献し、東京、そして日本の更なる発展の担い手となる人材を育成していくとともに、東京2020大会の経験を通じ、その後の人生の糧となるようなかけがえのないレガシー(遺産)を子供たち一人一人の心と体に残していきます。

 

 6年生は、オリンピック・パラリンピック教育の一環として、セパタクローの日本代表選手をお招きして、授業を行いました。現日本代表の矢野コーチ、青木選手、林選手、佐藤選手(三鷹二小出身だそうです!)、元日本代表の中塚選手にお越しいただき、セパタクローの歴史やマナーを教えていただいたり、ボールの蹴り方など試合につながる動きを教えていただいたりしました。

コーチ陣

日本代表の方々に来ていただく、とても貴重な機会でした。

手本

まずは、ボールを思い通りに扱うところから。選手の方々に見本を見せていただきます。

教えて

選手の方々にも、技術指導を行っていただきました。

得点

学んだことを生かしてゲームをします、何点入ったかな?

手本2

いよいよコートに入っての練習です。ラリーはサーブから始まるので、その練習をします。

試合

最後は、簡単な試合をして、1日の成果を確かめました。

 

 手を使いネットを挟んで行う種目にバレーボールがあります。今回はそれを足で行うということで、難しく感じる児童も多くいたと思います。しかし、講師のコーチ、選手の皆様には、その難しさをできるだけ克服できるよう、段階を追った活動を組んでいただきました。望ましいボールの軌道を知り、足で蹴ってその軌道を表現し、ゲームでその確率を上げ、コートを使った練習をする、というきめ細やかなプログラムでした。途中、セパタクローの得点方法もいくつか見せていただき、空中で回転して放つ「ローリングアタック」には、歓声が上がっていました。

 子どもたちは、元気よく学習を進め、最後は試合まで行いました。ラリーが長く続く、というところまではいきませんでしたが、ラリーを協力してつなごうとする楽しさを味わうことはできたようです。

 ご多用の中お越しいただいた講師のコーチ・選手の皆様、本当にありがとうございました。

お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第三小学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4丁目12番3号

電話番号:0422-43-2128

ファクス番号:0422-76-0675