ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 6年 茶道体験

ここから本文です。

更新日:2016年7月19日

6年 茶道体験

 7月15日(金)に、6年生は地域の方々にご協力をいただいて茶道体験を行いました。

 この体験は、歴史の伝統文化学習の一環として実施しました。事前に打合せを行い、お茶を点てる際の礼儀作法の確認や、お花・掛け軸の検討、お椀などの用具の準備をしました。

kakejiku2

 お花は桔梗、掛け軸には「関 南北東西活路通」と書かれたものを使わせていただきました。

 「そこさえ通過することができれば、あとは東西南北どこへでも自由に道は続いている」という意味があるそうです。これから自らの進路を切り開いていく6年生へ、という意味を込めて選んでいただきました。

tatami

「部屋に入るときは右足から入る」 教わった作法が生きています。

sagyou

慣れない正座での活動でしたが、頑張っています。

 クラスを2組に分けて、お互いにお茶を点て、飲んでもらいました。茶筅や茶杓、棗など、普段使わない道具に戸惑っている児童もいましたが、話をしっかり聞いてお茶を点てることができました。友達に点ててもらったお茶から、苦みの中にある味わい深さを感じ取ることができた児童が多かったようです。

 緊張感の中に楽しさのある、とても温かい体験となりました。ご協力いただいた三橋先生、地域の皆様、本当にありがとうございました。

 

お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第三小学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4丁目12番3号

電話番号:0422-43-2128

ファクス番号:0422-76-0675