ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 4年 目の不自由な方の気持ちを理解しよう

ここから本文です。

更新日:2016年2月16日

4年 目の不自由な方の気持ちを理解しよう

 2月8日(月)の1・2時間目に、ブラインドランナーの福原良英さんをお招きして、お話を伺いました。福原さんは、2006年のアジア大会でフルマラソンで優勝、アテネパラリンピックでフルマラソンで4位という戦績を収められており、現在も現役のランナーとしてご活躍されています。お話を伺った前日の7日には別府大分マラソンに出場されており、お忙しい中ご都合をつけていただきました。

huku1

 まず、「目が見えないことと生活」というテーマでお話をいただきました。そこで、耳で周りの音を判断して状況を把握するようにしていることや、白杖や盲導犬を使って安全に歩けるようにしていることなどについて、詳しく教えていただきました。「点字ブロックのような目印が自転車の駐輪によって使えなくなっていることがある」というお話などを伺い、子どもたちにとって日頃の生活を見直すきっかけとなりました。また、実際に使用されている道具を示しながら、工夫して生活していることにも触れていただきました。

dougu

テニスで使われるボールです。中に物が入っていて、その音でボールがどこにあるかわかるそうです。

 次に、競技者としての姿勢について、お話が進みました。「目標を決めることはとても大事だが、決めた目標に向けて自分が何をしたのかが一番大事だ」ということを教えていただきました。子どもたちは「なるほど!」という表情でお話に食い入っていました。メダルも見せていただき、良い経験となりました。

medal

本物のメダルに、子どもも大人も大興奮です!

 2時間目は、校庭でブラインド体験を行いました。これは、2人1組になり目を覆った友達をもう一人が誘導して歩く、という活動です。目の見えない状態が、こんなにも不安なのかと、いつも当たり前に見えているものが見えなくなることへの恐怖感があったようです。しかし、逆の立場になって考えると、一つ一つの声かけやしぐさの中に、相手に合わせようという意識が生まれたようでした。相手を思いやって生活することの大切さに気付くことができた学習となりました。

pair1 pair2

歩く速さを相手に合わせて、声をかけながら誘導していきます。hayai

最後には、走りを見せていただきました!本当に速い!!

お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第三小学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4丁目12番3号

電話番号:0422-43-2128

ファクス番号:0422-76-0675