ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 校庭芝生の養生の様子について

ここから本文です。

更新日:2015年10月19日

校庭芝生の生育状況について

 校庭芝生の養生期間が始まり、2週間が経ちました。種をまき、発芽し始めたのが先週です。一日一日と、ぐんぐん伸びているのが分かります。

芝1

 第三小学校は2種類の芝生を使っています。夏の暑いときに元気の伸びる夏芝(バミューダグラス(ティフトン芝))、冬の寒さでも生育する冬芝(ペレニアルライグラ)です。夏芝は、温度が20℃以下になってくると徐々に生育が弱まり、10℃以下になると生育が止まります。止まってしまう前に、夏芝の上から冬芝の種をまきます。これを「オーバーシード工事」と呼び、これで夏芝から冬芝の切り替えを行います。

 校庭が使えるようになるまで、もうしばらくお時間をいただきますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

お問い合わせ

三鷹中央学園三鷹市立第三小学校

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4丁目12番3号

電話番号:0422-43-2128

ファクス番号:0422-76-0675