ホーム > 学校案内 > 学校だより > 学校だより 平成28年度1月号

ここから本文です。

更新日:2017年1月16日

学校だより 平成28年度1月号

相談できる人に 校長 郡 吉範

 

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

毎年、正月は箱根駅伝を楽しみにしています。全部で10区間がありますが、どの区間でも様々なドラマが生まれ、最後まで目が離せないレースとなります。今年は青山学院大学が3連覇を果たしました。近年は箱根駅伝の人気も上がり、各大学がしのぎを削って争っている中での3連覇は立派です。その青山学院大学陸上競技部の原晋(はら すすむ)監督が次のような話をしています。

「私の理想は、監督が指示を出さなくても部員それぞれがやるべきことを考えて、実行できるチームです。つまり、指示待ち集団ではなく、考える集団。

私が最初に取り組んだのは、『相談できる人』に育てることです。相談するとはどういうことかを部員に教えることから始めました。たとえば、選手が『足が痛いです』と私に言ってきたとします。それは相談ではなく報告です。だから私は、選手にこう問いかけます。『それで?』、続けて『どこがいつから痛いの?』『治るまで1週間? 10日? 1カ月?』と質問を広げていきます。さらに、『治るまで1カ月かかるなら、いつまでに治すように努力するの?』『それまでにできるトレーニングはA・B・Cがあるけど、どの方法でやってみたい?』と具体的にしていきます。

そして、『今回はトレーニングAにしたいと考えていますが、監督はどう思いますか?』と自分で答えを出すところまで求めます。そのとき、それが本当の相談であると部員に話してあげるようにしています。」(出典:東洋経済新報社)

本当の相談とは、自分の頭でしっかり考え意見をもった上で、人の意見を求めるということです。自分で考えない相談は、指示を待っているだけのものです。でも逆に、「自分で考えたんだから」、「自分で決めたんだから」と言って、周りの言葉を受け付けない独りよがりも進歩が少なくなります。自分の頭で考える力と正しく相談する力の二つの力を持つことが、自分を強くしていくことにつながるのでしょう。

 

くわしくはこちら(PDF:714KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

東三鷹学園三鷹市立第六中学校

〒181-0004 東京都三鷹市新川2丁目12番17号

電話番号:0422-49-1833

ファクス番号:0422-76-0674