文字サイズ・色合い変更

ホーム > 学園経営 > 第6回連雀学園研究全体会

ここから本文です。

更新日:2017年12月8日

 第6回連雀学園研究全体会

11月29日(水)、

   平成29年度 第6回連雀学園研究全体会

    第2分科会(南浦小学校) 提案授業

を体育科を研究教科に実践されました。

研究テーマ

   ―創み出し、かかわり、高め合う児童・生徒の育成― (第Ⅱ期 2年次)

            知的コミュニケーションを活かした学び 

 更に、平成32年度完全実施の新学習指導要領では、AL(アクティブ・ラーニング)の全面実施に伴い、本

分科会では、下記のように目標とする児童・生徒の姿を設定しました。

 【課題の発見と解決に向けて主体的・対話的に学ぶ児童】 

 「学習への意欲をもち、問題解決のために自己や他とのかかわり合い、自己を高めていく児童」

以上のことを踏まえて、研究授業・研究協議会の様子をご覧ください。

 

a

低学年部会(授業学年 第1学年)   単元名 器械・器具を使っての運動遊び「マットを使った運動遊び」

 

b

中学年部会(授業学年 第3学年)   単元名 器械運動「マット運動」

 

c

高学年部会(授業学年 第6学年) 単元名 器械運動「跳び箱運動」

 

教員も多くの体験や実践をした、第6回連雀学園研究全体会 第2分科会(南浦小学校) 提案授業を実り

多く終えることが出来ました。今後とも本日の実りを、児童・生徒への糧にする所存です。 

お問い合わせ

連雀学園