ホーム > 学校案内 > 学校長挨拶

ここから本文です。

更新日:2018年4月6日

学校長挨拶

koutyo 
着任のご挨拶

にしみたか学園三鷹市立第二中学校

校長 青 木 睦

  平成30年4月1日付で19代校長に着任しました青木睦です。平成21年度から3年間、17代校長の榎本智司先生のもと副校長としてこの第二中学校に勤務をしていました。6年ぶりに、第二中学校に戻ってきて、懐かしさとともに伝統あるこの第二中で勤務できることは身の引き締まる思いです。

 6年ぶりの二中生は変わっていませんでした。二中生の制服、校舎、そして大きな校庭、校歌にもうたわれている教育目標の真(真の知恵)・善(善い行い)・美(美しい心)も変わっていません。なによりも一番うれしいことは元気な挨拶をしてくれる二中生の姿です。

 一人ひとりの生徒たちにとって楽しい学校、魅力ある学校、そして生徒自身の居場所である学級や学年を大切にし、互いに高めあえる学校つくりをしていきたいと考えています。そして「よくわかる授業」と「生徒指導の充実」を重点に、学校ではより魅力ある授業のための授業改善、家庭では家庭学習の習慣の定着をすすめていきます。

 生活面では「挨拶をする・時間を守る・誠実に対応する」の指導を重視し、学校生活全体で規範意識を高めマナーやルールを丁寧に育てたいと考えています。これらを具現化するため教職員は以下のことを実践してまいります。

①教師一人ひとりが、教師としての使命をもち、それに向けた取り組みを実践する。

②卒業までを見通した学年・学級経営を充実させる。

③思考力を高めるため、主体的で対話的な深い学びの視点に立った授業の工夫・改善を行う。

④教科・担任・分掌等の自分の仕事に責任をもち、組織の一員として職務に取り組む。

⑤ユニバーサル・デザインの視点に立った指導を行い、特別な支援を必要とする生徒への対応力をつける。

⑥保護者・地域との連携を図る

⑦新学習指導要領への対応(カリキュラム検討、道徳の指導方法・評価方法の検討)

⑧各種アンケートをもとに生徒一人ひとりの実態を把握し、課題があれば迅速に対応をする。

 これからも、生徒一人ひとりが自己有用感をもち、主体的に取り組む生徒の育成と自分の居場所をもち、居心地の良い学年・学級つくりを進めてまいりたいと考えています。今後とも地域・保護者の皆様におかれましては本校の生徒のためにご尽力をいただければ幸いです。

 

 

 

お問い合わせ

にしみたか学園三鷹市立第二中学校

〒181-0014 東京都三鷹市野崎3丁目14番1号

電話番号:0422-31-6372

ファクス番号:0422-31-5110