ホーム > 学校案内 > 学校沿革

ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

学校沿革

市立二中の大規模校解消のため、大沢地区に新設校との市民の願いから、昭和59年4月に開校する。
開校当初、二中より377名、新入生172名、総計549名。敷地14,215.71平方メートル。

開校式:昭和59年7月5日
学級数:15
職員数:26名

校章制定:昭和59年6月12日
標準服決定:昭和59年9月21日
校歌制定:昭和60年3月12日
十周年記念式典:平成6年11月17日

初代校長: 神田 俊郎  昭和59年2月
二代校長: 伊藤 満理夫 昭和62年4月
三代校長: 大澤 俊雄  平成 2年4月
四代校長: 佐山 義昭  平成 6年4月
五代校長: 本城 裕彬  平成 9年4月
六代校長: 渋谷 政夫  平成13年4月
七代校長: 狩野 澄子  平成15年4月
八代校長: 川戸 直美  平成25年4月


【研究校】
平成5・6・7年度 東京都教育評価研究校
「個性が生きる学校づくりの研究校」

平成13年度 三鷹市研究協力校
「総合的な学習の時間」の実績に向けての検討

平成16年度 研究推奨校
「地域の特色を生かした教育活動の推進」

平成18年度
文部科学省 コミュニティ・スク-ル調査研究委託校
文部科学省 地上デジタルテレビ放送教育活用研究校
        公開授業(平成18年11月17日実施)

平成19年度
 平成18・19年度 文部科学省 コミュニティ・スク-ル調査研究委託校
 平成18・19年度 文部科学省・総務省 地上デジタルテレビ放送教育活用研究校
 平成19・20年度 三鷹市教育研究協力校
 
平成20年度 三鷹市教育研究協力校
 「地域の特色を生かした小・中一貫教育の創造」

平成21年度 三鷹市研究奨励校
 「進んで地域や人とかかわり、豊かに表現する児童・生徒の育成」

平成20年度~平成24年度
 ESD(持続可能な開発のための教育)研究
  主催:国際基督教大学 協力:おおさわ学園
  南アフリカの小・中学校とTV会議を活用した授業交流

平成25年度~平成26年度
 理数フロンティア校

 

 

平成26年度~平成27年度
 三鷹市教育研究協力校 「確かな学びをはぐくむ」 

 

 

 

お問い合わせ

おおさわ学園三鷹市立第七中学校

〒181-0015 東京都三鷹市大沢2丁目11番12号

電話番号:0422-31-1118

ファクス番号:0422-32-5782