ホーム > 学園経営 > 平成28年度学校評価保護者アンケートの集計と考察

ここから本文です。

更新日:2017年5月8日

平成28年度 学校評価保護者アンケートの集計と考察

平成28年度 学校評価保護者アンケートの集計と考察(PDF:3,643KB)

平成28年度 学校評価保護者アンケートのまとめ 三鷹の森学園 学びのスタンダードの浸透

昨年12月に実施いたしました「平成28年度評価アンケート」について多くのご回答をいただき、ありがとうございました。コミュニティ・スクール委員会は今回、評価号「いま子供の学びが変わる」を発行しました。この中では、

・ペアやグループでの話し合いによる学び

・小中一貫・三位一体で取り組むアクティブ・ラーニングの実態

について、児童・生徒・教員アンケート結果を示し、ご家庭でのヒントや学習法を、評価部員のエピソードとともに示した上で、三鷹の森学園の保護者の皆様にご回答いただきました。


20170502_001


評価結果として、特に今年度は、『三鷹の森6つの学びのスタンダード』の活用と三鷹の森学園での日常的な実践として、主体的・対話的に学ぶ姿に主眼をおき、皆さまのご意見をいただきました。自ら取り組む、深く考える、主体的に調べる、対話的に取り組む
- 「三位一体で取り組む」アクティブ・ラーニングの実現には家庭での協力が必要不可欠です。

また、学校ではいじめに対する取組が行われてるものの、その取組等が十分に認識されていなことが浮き彫りになりました。これらの考察も含め、学校評価保護者アンケートのまとめを資料にしました。


【平成28年度 学校評価保護者アンケートの集計の抜粋】

20170508_001

詳細はこちらのPDFをご覧ください。


平成28年度 学校評価保護者アンケートの集計と考察(PDF:3,643KB)

20170502_002(PDF:3,643KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

三鷹の森学園