ホーム > 学校案内 > 学校だより > 令和元年度   2月号

ここから本文です。

更新日:2020年1月31日

  令和元年度   2月号

「そうだ!2月7日・8日は、南浦小に行こう!!」

副校長 星野 正人

 

 新年を迎え、早いもので、1月が終わろうとしています。冬休み中に、大きなけが等もなく、子どもたちは3学期の学校生活をスタートしました。6年生の子どもたちは、小学校生活最後の学期、5年生以下の子どもたちは、今の学年のまとめをする大切な学期です。インフルエンザによる欠席が心配されますが、次の進路先や新しい学年の生活につながるように、指導していきます。

 さて、すでにご案内をしておりますが、2月7日(金)、8日(土)に、展覧会と学校公開を実施します。子どもたちは、展覧会の作品の制作に一生懸命に取り組んでいます。

 学校における芸術教育の意義とは、何でしょうか。実生活の中で、効率や合理化、スピードが求められる場合は、特に重要ではないかもしれません。ただ、芸術がない世の中はどうでしょうか。生活の中に、芸術があるからこそ、心が癒されたり、楽しんだり、生活、人生に彩りが生まれると思います。また、芸術には、決まった答えがありません。だからこそ、子どもは自由に考えて、自由に表現ができるのだと思います。「考えること」や「情操面」などの育成をするために、芸術教育は必要なものであると考えています。

 今年度の展覧会では、以下の作品一覧にあるように、学年合同作品の展示もあり、体育館だけでなく渡り廊下にも作品が飾られます。また、6年生が「こども学芸員」として作品の紹介をする活動をします。こちらも楽しみにしてください。

 

<展覧会作品一覧>

 

平面

立体

共同制作

1年生

・のってみたいな いきたいな

・すてきなクジャク

・ぶくぶく水ぞくかん

・なかよし

プニちゃん

2年生

・かがみの中のぼく、わたし

・おもいのままに

・ふわふわゆらりん

・いろ水

 いろならべ

3年生

・大すきなものがたり

・色、形 いいかんじ!

・トントンドンドン くぎうち名人

・ハッピー 小もの入れ

・カラフルつみき

4年生

・まぼろしの花

・光の絵

・色を食べた城

・木っちゃんハウス

・何ができるかな

・ブラックライト

タウン

5年生

・消してかく

・セピア色のマスク

・よく見てかく~楽器

・ダンダンワールド

・つるしてつくるカタチ

・ウェルカムさん

6年生

・マイ アート ギャラリー

・屋台

・コマドリアニメ

 

  展覧会当日は、子どもたち一人ひとりの思いや考えが表現された力作800点以上が、体育館等に展示されます。制作中の子どもたちの思いや考えなどを想像しながら、楽しんで作品をご覧になってください。また、授業公開では、1学期・2学期を経て、どのようなことができるようになっただろうかという成長を学習の様子からご覧になってください。多くの方々のご来校をお待ちしております。

 「そうだ!2月7日・8日は、南浦小に行こう!!」

       令和元年度 2月号(PDF:629KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

連雀学園三鷹市立南浦小学校

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀9丁目9番1号

電話番号:0422-44-6385

ファクス番号:0422-45-5940