ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 6年生を送る会

ここから本文です。

更新日:2018年3月9日

6年生を送る会 ―6年生の皆さん、感謝の気持ちをありがとう!―

 3月1日(木)、4・5年生の代表委員会が企画・運営する「6年生を送る会」が行われました。6年生が今日

まで下級生に接してきた、優しさや思いやりの心・前向きな行動力が発揮された、6年生参加型の「6年生を

送る会」になりました。

o1

 

 

 

 

 

 

 

 6年生の入場前に、1~5年生で秘密の打ち合わせをしました。

o2

 

 

 

 

 

 

 

 6年生の入場。なんと6年生は、二人で手をつないでスキップで入場でしました。1~5年生にとって、驚き

の瞬間でした。そして、拍手喝さいを送りました。

o3

o4

 

 

 

 

 

 

 

 代表委員会児童から、6年生へのありがとうの気持ちが伝わる「始めの言葉」がありました(写真左)。

 藤原校長からも、

「今日まで南浦小を支えてきた6年生に、感謝の気持ちを伝えましょう。」

と、お話がありました(写真右)。

o5

o6 

 

 

 

 

 

 

 1年生は、「6年生は、ヒーローだ!」と呼びかけをしました。最後に、『ね』を合唱しました。  

o7

o8 

 

 

 

 

 

 

 2年生は、応援団の呼びかけと『オー・ハッピーデイ』 を合唱しました。6年生が、手拍子で応援を始めると

全校児童が手拍子を始めました。6年生が、上手な跳び方を教えてくれた「長縄跳び」も歌に合わせて跳び

ました。

o9

o10 

 

 

 

 

 

 

 3年生は、『WAになっておどろう』を合唱して、感謝の意味を込めたくす玉を四つ割りました。 

o11

 

 

 

 

 

 

 

 代表委員会のクイズ・タイムもありました。問題は、6年生にアンケートを取ってから作ったものでした。「6

年生が、一番好きな上履きの色は?」。答えは、「白」でした。 

o12

o13

 

 

 

 

 

 

 

 4年生は、6年生にも参加してもらって「パイプスライダー」の競争をしました。結果は、引き分けでした。そ

して、『手紙―拝啓15の君へ』を合唱しました。 

o14

o15

 

 

 

 

 

 

 

 5年生は、ものまねや学校で起こりそうな問題を、ステージから6年生が降りてきて解決する、6年生参加

の寸劇をしました。最後に6年生を応援するために、『YELL』を合唱しました。 

o16 

 

 

 

 

 

 

 全校合唱は、『花は咲く』です。6年生と、全校児童が合唱するのは今日が最後です。『花は咲く』は、東日

本大震災で被災された皆様への応援歌であり、不幸にも命を落とされた方々へのレクイエムです。 

o22

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、6年生の登場です。運動会の組体操で使ったTシャツが掲げられ、友情・信頼・挑戦・責任・誇り

の五つの学年教育目標(学年では、ファイブ・スターと呼んでいる)が、呼びかけ形式でコールされました。 

o17o18 

 

 

 

 

 

 

 ファイブ・スターで終わらずに、大阪府立登美丘高等学校のダンス部でリバイバルした、荻野目洋子の『ダ

ンシング・ヒーロー』で、キレッキレのバブリーダンスを披露。    

o19o20 

 

 

 

 

 

 

 

  次は、合奏で『風になりたい』。金管楽器がスウィングすると、風の妖精が現れました。5年生を中心に「ア

ンコール!」の声と手拍子が鳴りやまず、アンコールに応えてくれました。   

o21

o23

 

 

 

 

 

 

 

 優しさと笑顔に包まれた「6年生を送る会」でしたが、終わりの言葉を代表委員会児童が述べて、6年生は

花のアーチの中を静かに退場して行きました。全校児童が「感謝」することの大切さを学んだ、「6年生を送

る会」でした。これも、あの風の妖精が運んできたのかも知れません。ありがとう、6年生。  

お問い合わせ

連雀学園三鷹市立南浦小学校

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀9丁目9番1号

電話番号:0422-44-6385

ファクス番号:0422-45-5940