ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 連雀学園南浦小研究授業

ここから本文です。

更新日:2018年2月6日

連雀学園南浦小 ―第2学年・研究授業―

 1月31日(水)、南浦小学校では本年度最後の、連雀学園研究授業が行われました。

 平成32年度から全面実施される、新学習指導要領を見据えて、

        【課題の発見と解決に向けて主体的・対話的に学ぶ児童】 

  ―学習への意欲をもち、問題解決のために自己や他とのかかわり合い、自己を高めていく児童―

を研究主題・副主題(具体的手立て)として、研究授業に取り組みました。

 1、事前説明

k1

 

 

 

 

 

 

 

 低学年分科会から、本時の目標や課題・授業の視点などを、授業前に授業の参観者に説明をします。

 2、研究授業

k2k3 

 

 

 

 

 

 

 準備運動の後は、音楽に合わせて動物歩きをしました。 

k4

k6 

 

 

 

 

 

 

 転がったり、逆さになったり基本的な感覚づくりにつながる、ゲーム形式の運動をしました。

 写真左:バランス・だるまさんがころんだ

 写真右:変身おにごっこ

k7

k8 

 

 

 

 

 

 

 場の準備も、安全に留意しながら自分たちで準備しました。

k5 

 

 

 

 

 

 

 やりたい場を選んで、感覚づくりにつながる運動遊びを、発展させながらしました。

k9k10 

 

 

 

 

 

 

 写真左:たまごをあたたまよう!おなかの部分に、いろいろなボールを入れて、まるくなって前後に揺れま

      す。

 写真右:えんぴつ倒し。体を伸ばしたまま、エバーマットに倒れこみます。

k11

k13  

 

 

 

 

 

 

 写真左:さかさのぼり。肋木で、足を使って上り逆立ちをします。

 写真右:くもの子運び。お尻が落ちないように、体を支える工夫をしました。

k12

k14 

 

 

 

 

 

 

 写真左:ごろごろ。マーカーにぶつからないように、体を操作して転がります。 

 写真右:学習の振り返り。児童から、いろいろな発展的な運動遊びのやり方が出て来ました。

 3、実技研修

k15

k16 

 

 

 

 

 

 

 先生方も実際に体験して、協議会や今後の授業に生かしていきます。

 4、協議会

k17k18 

 

 

 

 

 

 

 グループセッションの協議会は、多くの意見が出ました。特に、発展が難しい運動遊びについてが、話題

になりました。

 講師は、日本体育大学 教授 白旗和也 先生です。遊びと学びについて、自発的な遊びが大切なことな

ど、多くの助言・指導をいただきました。ありがとうございました。

 今回の授業を、多くの児童の学びの場に活用してまいります。

お問い合わせ

連雀学園三鷹市立南浦小学校

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀9丁目9番1号

電話番号:0422-44-6385

ファクス番号:0422-45-5940