ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 低学年コオーディネーション学習

ここから本文です。

更新日:2017年2月24日

低学年 コオーディネーション授業

 2月16日(木)・17日(金)の両日、1・2・3年生の児童が、JACOT(ジャコット)の指導でコオーディネー

ショントレーニングを授業で行いました。

 コオーディネーションとは、体幹に刺激を与え、体の動きに合わせたボディイメージをもつことです。運動へ

の意欲を高めたり、運動への感覚を高める効果があります。体幹を鍛える重要性が、マスコミやスポーツ番

組などでも報道されています。

16日(木) 1年生

ko1ko2  

 

 

 

 

 

 

ko3

 

 

 

 

 

 

  

 1年生は、体幹の感覚を得るための、「足をクロスして開く」・「足を前に出して座り、素早く立つ」など、基礎

的・基本的なコオーディネーショントレーニングをしました。

16日(木) 3年生 

ko6

ko7 

 

 

 

 

 

 

 

ko8

ko9

 

 

 

 

 

 

 

 3年生は、体育授業の準備運動で、コオーディネーショントレーニングを取り入れています。

 片足を抱えて持ち、体幹の感覚を得ます。「くの字運動」・「Sの字運動」(写真右)では、体幹を使い分け、

異なった刺激を送ります。

17日(金) 2年生 

ko12

ko17

 

 

 

 

 

 

 

 「ラディアン」(写真左)では、体幹の「屈曲・伸展」と「捻れ」の感覚を捉えて、四肢(手足)へと動きを伝える

感覚を得ます。 

ko14

ko18

 

 

 

 

 

 

 

 コオーディネーションでは、「型」を指導せず「動きを見せて真似させる」ことが重要です。2人で手を取っ

て、同時に立つ動作も、まず全児童が見学をして「型」を学びます。

 

  両日とも、JACOT(ジャコット)から、指導者が来校しました。マラソン月間の準備運動や、体育の授業の

準備運動としコオーディネーションを体験していますが、本格的に指導を受けて学習するのは、今回が初め

てです。今後ともコオーディネーショントレーニングを学習して、本校のみならず全都的にコオーディネーショ

ントレーニングを発信してまいります。

お問い合わせ

連雀学園三鷹市立南浦小学校

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀9丁目9番1号

電話番号:0422-44-6385

ファクス番号:0422-45-5940