ホーム > 学校生活 > 学校行事 > 平成28年度 ICT授業報告会

ここから本文です。

更新日:2017年2月16日

平成28年度 ICT授業報告会 

 2月9日(木)、本校の4,5年生がICTの1年間のまとめとして、公開授業を実施しました。本年度講師とし

てお世話になった、東京学芸大学准教授 森本 康彦先生、市内各校のICT推進委員の先生方が授業と報

告会に参加しました。

ho1

ho2

 

 

 

 

 

 

 

 4年生は算数の、「箱の形を調べよう」で授業を行いました。ICT活用の効果は、

 〇考えた展開図をタブレットで共有し、複数のものを比べることで、どの展開図にも共通する性質に気付き

  やすくなる。

 と挙げました。

ho3

ho4

 

 

 

 

 

 

 

 5年生は体育で、「跳び箱運動」で授業を実践しました。ICT活用の効果は、

 〇手の付き方や踏切の姿勢など、正しい跳び方を映像資料によって正確に理解することができる。

 〇跳び方の撮影をすることで、客観的に自分の跳び方を把握することができる。

 〇静止画やスローモーション再生によって、跳び方のポイントを全体で共有したり、グループでの交流を生

  んだりすることができる。

 以上の3点を挙げました。 

ho5

 

 

 

 

 

 

 

 4年算数の授業者自評では、

 「児童たちは、タブレットで共有した複数の展開図を見比べることで、直方体の展開図の特徴を見付けるこ

 とができました。」 と、報告がありました。

ho6

 5年体育での授業者自評では、

 「タブレットを使って自分の動きや姿勢を動画で撮ることで、自分の技能を客観的に知ることができる。グ

 ループでの対話や動画での振り返りを通して、技のポイントに合った動きができていた。」と、自評がありま

した。 

ho7

ho9

 

 

 

 

 

 

 

 

ho8

 

 

 

 

 

 

 

 本校、研究推進委員長及びICT推進委員会から、本校のICT教育推進の目標「対話的な学びを目指して」

や現状報告がありました。 

ho10

 

 

 

 

 

 

 

  

 東京学芸大学准教授 森本 康彦先生からは、

 「 児童・生徒の学びをICT(タブレット)を使うことで、いかに促進させることができるかが今後の課題です。

小学校では45分、中学校では50分の授業の中で、いつICT(タブレット)を使うかを考えましょう。」・・・等指

導、助言をいただきました。

 今後とも、児童・生徒の学習への興味・関心や学力の向上のために、ICT活用を今まで以上に推進してま

いります。

お問い合わせ

連雀学園三鷹市立南浦小学校

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀9丁目9番1号

電話番号:0422-44-6385

ファクス番号:0422-45-5940