ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 学園研究 南浦小2年生

ここから本文です。

更新日:2017年2月10日

連雀学園研究授業 南浦小2年生

 連雀学園の学園研究として、本校では体育科の研究を進めています。2月1日(水)には、第2学年の

幸野教諭による「器械・器具を使っての運動遊び」-跳び箱を使った運動遊び-を行いました。授業の

ねらいは、児童が工夫して遊び、跳び箱遊びを楽しむことができることです。  

t1

 

 

 

 

 

 

 

 学級全体で、学習の流れやめあてを確認します。 

t2 

 

 

 

 

 

 

 準備運動で、感覚づくりの運動をします。写真は、あざらし歩きです。  

t3t4 

 

 

 

 

 

 

 場の準備(跳び箱やマット)も、自分たちで安全に設定できます。もちろん、安全への声かけをしています。

t5

t6 

 

 

 

 

 

 

 初めに、基本的な跳び方に取り組みます。前時の学習を振り返り、動きのポイントを確認します。

 ・跳び乗り、跳び下りに取り組む。

 ・踏み越し跳びに取り組む。・・・等

t7

t8 

 

 

 

 

 

 

 遊び方を考え、工夫した遊びに取り組みます。これが、今回の授業のAL(アクティブ・ラーニング)の場面

です。

 ・跳び方を変える。

 ・着地の仕方を変える。

 ・着地の距離を変える。・・・等  

t9  

 

 

 

 

 

 

 最後に、今日の振り返りをしました。できるようになったことや、友達のよい動きを紹介し合い、次の学習に

つなげます。

 今回で、連雀学園南浦小学校としての、今年度の体育科の研究授業は終わります。本年度1年間行っ

た、体育科の研究授業を通して学んだことを、連雀学園児童・生徒のために活用してまいります。

お問い合わせ

連雀学園三鷹市立南浦小学校

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀9丁目9番1号

電話番号:0422-44-6385

ファクス番号:0422-45-5940