ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > 平成28年度 ICT公開授業 第2学期

ここから本文です。

更新日:2016年12月16日

平成28年度 ICT公開授業 第2学期  

 12月6日(火)、本校の1,2年生でICT公開授業を実施しました。講師の東京学芸大学准教授 森本康彦

先生をはじめ、三鷹市立の各校のICT推進委員が、授業を参観しました。  

 第1学年 

i2i1  

 

 

 

 

 

 

 

i3

i4

 

 

 

 

 

 

 

 1年生は、算数で「どんなけいさんになるのかな」で授業を行いました。

 ○問題を演算決定する思考を、タブレット上で確認できる。

 ○タブレットを持ち、図や言葉で説明することで、話し合い活動の中で学びあいが生まれる。

 ○言葉で説明することが苦手な児童が、スタンプによって考えを図に表わすことができる。

の3点をICT活用の効果として、公開授業に取り組みました。板書との併用が、低学年では重要です。

 第2学年

i6i7 

 

 

 

 

 

 

 

i8

i9

 

 

 

 

 

 

 

 2年生は、国語で「ことばについて考えよう」を公開しました。

 ○タブレットで写真を共有し、手元でようすを表す言葉を考えることができ、書き込み送信する。

 ○タブレットの書き込みやワークシートを共有し合い、それをもとに話し合いを展開することができる。

 ○考えた言葉をいくつかの仲間に分類し整理することで、自分では気付かなかった表現にも気付き、 

  対話的に学び合うことで、深い学びにつなげていくことができる。

の3点をICTの活用効果として、公開授業に取り組みました。ワークシートの活用も、低学年には効果的で

す。また、大型のディスプレイなどタブレットの周辺機器の充実も課題です。

 協議会では

i10i11 

 

 

 

 

 

 

 各校の先生方がグループに分かれ、公開授業の効果や課題について話し合いました。その後、代表者が

発表をしました。

i12 

 

 

 

 

 

 

 講師講評は、東京学芸大学准教授 森本 康彦先生です。

 タブレットとパソコンの違いや、ICTとAL(アクティブ・ラーニング)との関連など、多岐にわたり指導・講評を

いただきました。3学期にも、本校でICT公開授業を行います。この日の講評を糧に、今後もICT教育推進の

ために、努力を重ねていきます。 

お問い合わせ

連雀学園三鷹市立南浦小学校

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀9丁目9番1号

電話番号:0422-44-6385

ファクス番号:0422-45-5940