ホーム > 学校生活 > 学校生活の様子 > オリンピアンがやって来た!

ここから本文です。

更新日:2016年11月25日

オリンピアンがやって来た! 高瀬慧選手来校!

 11月17日(木)、’12 ロンドン・オリンピック、’16 リオデジャネイロ・オリンピックに出場した、陸上短距

離の高瀬慧(タカセケイ)選手が来校しました。

 高瀬選手は、順天堂大学から富士通陸上部に進み、100mは 10秒14(日本歴代7位)、200mは 20

秒14(日本歴代2位)の記録をもつ、スプリンターです。’16 リオデジャネイロ・オリンピックでは、4×100

mのサポートメンバーにも選ばれています。

 そんな、現役のオリンピアンと、2~6年生が交流をもちました。

ori1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 図工でつくった作品も、高瀬選手を歓迎しました。

ori2ori3 

 

 

 

 

 

 

 写真左:本校、藤原校長から高瀬選手の紹介がありました。

  写真右:藤原校長との対談形式で、高瀬選手からお話を聞くことができました。

ori4

ori5

 

 

 

 

 

 

 

写真左:「20キロ位、体に負荷をかける、練習もしています。」と、6年生の児童に、実践してくれました。

写真右:校長先生との対談の中で、小学校の頃は身長も低かったので、走るのはそんなに速くなかったこと  

     に、児童からは、驚きの声が上がりました。また、リオデジャネイロオリンピックでリレーのメンバーに

     入れなかったことの悔しさや、その悔しさをバネに世界陸上を目標に頑張っていることなど、児童に

     とっても大切な話もありました。

     プロジェクターを使って、ウサイン・ボルト選手の話も聞けました。

ori6

ori7

 

 

 

 

 

 

 

 体育館での対談の後は、校庭で2年生と交流をもちました。運動をする時の高瀬選手は、さすがオリンピ

アン。校庭の中で、一段と輝いて見えました。

 「速く走るには、まずジャンプ力が必要です。」と、大人の顎の高さまでのジャンプを見せてくれました。 ま

た、ジャンケンを取り入れた、ゲーム形式の練習を2年生と楽しみました。

ori8

ori9

 

 

 

 

 

 

 

 「速く走るためには、次に歩幅の広さも大切です。ウサイン・ボルト選手は、この青いコーンとの間位の歩

幅になります。」と2年生でも具体的にわかりやすく、説明もしてくれました。

ori11

ori10

 

 

 

 

 

 

 

 「では、実際に歩幅を広げるために、つま先でジャンプしながらここまで来てみましょう。」と、5m位をつま

先ジャンプで進みました。2年生と一緒に、校舎側から一中に向かってのダッシュもしました。

 「速ーい!」と、驚く2年生でした。

ori12

 最後に、2年生は一人ひとり高瀬選手と握手をして、お礼やお別れの言葉を言いました。今日の実践は、

オリンピックやオリンピアンを身近に感じさせてくれました。これも、高瀬選手の人柄でしょう。

 高瀬選手、貴重なお話や体験活動を、ありがとうございました。次の大会では、南浦小の子供たちのため

に、1位でゴールしてください。 

お問い合わせ

連雀学園三鷹市立南浦小学校

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀9丁目9番1号

電話番号:0422-44-6385

ファクス番号:0422-45-5940