ホーム > 学校案内 > 校長講話 > 【臨時休校中】校長メッセージ(4月20日)

ここから本文です。

更新日:2020年4月20日

【臨時休校中】校長メッセージ(4月20日)

 

 「勉強」と「学習」、どちらも似たような言葉ですが、似て非なるものと私は思います。

 

 小学生のころ「勉強」がとても嫌いでした。なぜなら、勉強は人から言われてやるものだとずっと思っていたからです。その頃の私は、勉強を「強制的に勉めさせられるもの」と解釈していたのです。

 しかし、それは間違っていました。

 では、「学習」とは、なんでしょうか?

 「学習」は「学ぶ」「習う」と書きます。まさしく学校は「学ぶ、習う」ところです。こちらの方が、自分から学ぶ、習うと積極性を感じます。

 でもそれも、違うということに気付いたのは、教師になってからです。

 

 教師になって初めて、私は、自分が思っていた「勉強」と「学習」が逆だったのだとわかりました。

 学校は、学習するところであり、学習させる場なのです。これこそが強制的に学び、習う場だということです。

 勉強は、自分から強くなるために努力することなのです。つまり、主体的に学ぶことが勉強なのです。

 「あ、そうか! わかったぞ!」と思ったとき、自分で「勉強になったな」と思いますね。

これこそが、本当の勉強なのです。自分で調べたくなって、本を読んで、その答えにたどり着いたとき、「なるほど! そうだったのか!」と思うとき、これが勉強なのです。勉強は自分の心が動き、行動し、その結果からうまれたものでなければ勉強とは言えないのです。

 だから、人から「勉強しなさい」と言われてやったものは勉強ではないのです。

 学習は、学ぶ場です。与えられた場で何を学ぶかは、その人次第ですが、学ぶチャンスを与えられた限り、無駄にしないことが大切です。学習の場を生かすも殺すも自分次第なのです。

 

 そして、教師は考えるのです。いかに子供たちが楽しく学び、本物の力を付けさせられるか。そいう学習をみなさんに与えることができるか。その場が、授業です。

お問い合わせ

鷹南学園三鷹市立東台小学校

〒181-0005 東京都三鷹市中原2丁目17番37号

電話番号:0422-47-7457

ファクス番号:0422-43-0383