ホーム > 学校案内 > 校長講話 > 【臨時休校中】校長メッセージ(4月17日)

ここから本文です。

更新日:2020年4月17日

 【臨時休校中】校長メッセージ(4月17日)

 

 1年生のみなさんは、本当ならば、今、学校の算数の勉強で数の勉強をしているでしょう。

1、2、3、4・・・・・ 数の数え方や書き方を習って、生活の中で活用しているかもしれませんね。

 数はどこまで続くのでしょうか? 2年生以上のみなさんは、そんなことを1度は考えたことがあるかもしれません。

 また、数はすっきりしたり、すっきりしなかったりいろいろな表情を表します。

 

 例えば、5年生以上の人は、こんなことを考えたことはありませんか?

 「10÷3」は?

 この答えにはいくつかあります。

 「3.333333・・・・・」

 「3あまり1」

 「10/3」

 「3と1/3」

 どれも間違ってはいませんが、見方・考え方によっては矛盾(むじゅん)しています。

 

 「10÷3」を3つたすとどうなるか?

 10÷3+10÷3+10÷3の答えは?

 「10÷3」が「3.3333・・・・・」と小数で表したならば、永遠に割り切れません。

すると答えは、「9.999999・・・・・」と永遠に続くはずです。

 しかし、「10÷3」の答えが、「3あまり1」でも「10/3」でも「3と1/3」でもたすと「10」になります。

 この矛盾こそが、算数の面白さです。高学年の人は、自分なりの考えをもってみてください。

 私は電卓で試してみました。「10÷3+10÷3+10÷3」と。

 電卓はどんな答えを映し出したでしょうか?

 

  低学年、中学年のみなさんには、まど・みちお さんの詩をおくります。

 

かず

                                                まど・みちお

               かずは 1から はじまって  いくつまで つづくのだろう

               たしかめたく なるのは  だれもたしかめられないから

 

               ぼくには かずが  じぶんで じぶんを

               かぞえているように おもわれる

               うちゅうが はじまった その日に

               1から かぞえはじめて いつまでも すうっと

               まだ まだ これからだと おもって

 

               だれも いない

               なんにも ない

               うちゅうの まん中に すわって

お問い合わせ

鷹南学園三鷹市立東台小学校

〒181-0005 東京都三鷹市中原2丁目17番37号

電話番号:0422-47-7457

ファクス番号:0422-43-0383