ホーム > 学校案内 > 校長講話 > 【臨時休校中】校長メッセージ(4月16日)

ここから本文です。

更新日:2020年4月16日

【臨時休校中】校長メッセージ(4月16日)

 

 今日はどんな1日でしたか? みなさんにとっての1日は、大人と比べてとても長く感じる時間でしょう。退屈だから長く感じる。つらい時間は長く感じる。逆に楽しい時間はあっという間ということは、大人でも同じです。

 ではなぜ、子供は1日が長く感じて、大人は子供よりも短く感じるのでしょうか?

 それは、生きてきた時間との割合です。1年の長さでいうと、5歳の子供は、5年間のなかの1年間を生きています。50歳の人は、50年間のなかの1年を生きています。つまり5歳の子供は1年が生きている時間の5分の1、に対して50歳の人は50分の1なのです。この割合から見ても5歳の子供のほうが、1年が長いのです。また、それを1日計算すると365で割ることになるので、さらに大人は短くなるということです。

 これは、計算上の問題です。本当に長いか、短いかということは、内容にもよるのです。子供でも毎日充実していたら、時間に追われる生活をしていたら、1日が早く感じるでしょう。ただ、自分がやりたいことをして、目標をもって、つらいことも前向きに取り組んでいるとしたら、時間を感じる速さはもはや問題にはならないのです。

 退屈だと感じる人は、自分がやりたいこと、目標が定まっていないのではないかと発想を転換すれば良いのです。自分で自分の時間を創り出すことが、時間を有効に使うことなのです。

 本田自動車の創業者である本田宗一郎氏の言葉にこんな言葉があります。

 

「時間だけは、神様が平等に与えてくださった。これをいかに有効に使うかは、その人の才覚で会って、うまく利用した人が、この世の中の成功者なんだ。」

 

 私は、成功の定義は、人それぞれ違うと思います。何が幸せかと同じです。一つだけ言えることは、今、自分は満足に生きているのか? それが、成功であり、幸せなのではないかと。

お問い合わせ

鷹南学園三鷹市立東台小学校

〒181-0005 東京都三鷹市中原2丁目17番37号

電話番号:0422-47-7457

ファクス番号:0422-43-0383