ホーム > 学校案内 > 学校長挨拶

ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

学校長挨拶

    

平成30年度「つよく、やさしく、かんがえふかい子を育てる」

~コミュニティ・スクールを基盤とした小・中一貫教育校~

 

三鷹の森学園三鷹市立第五小学校

校長 内藤 和巳

 

   初めまして。校長の内藤和巳です。市内の東台小学校から異動し4月1日に本校に着任しました。どうぞよろしくお願いします。
   さて、平成30年度がスタートします。新学習指導要領完全実施が2年後に迫っています。育成すべき資質・能力は以下の3つです。

       ○ 生きて働く「知識・技能」

       ○ 未知の状況にも対応できる「思考力・判断力・表現力」

     ○ 学びを人生や社会に生かそうとする「学びに向かう力・人間性等」

   今までも指摘されてきましたが、もっているだけの知識や思考力では無意味で、それらを活用して自ら未来に挑戦し、周囲と関わり、自分の人生を、社会の将来を切り開く力を育てるのだ、という強い思いが伝わってきます。

   学校で身につけた学力が社会でよりよく発揮されていないとしたら、それは学んだことが十分に統合されておらず、個々の知識や思考力にとどまっていてほかの場面に応用できないからではないかと考えます。平行四辺形の面積を求める公式は、社会に出てからほとんど使われません。それならなぜ学ぶのか、そこを教師が理解し、子供にも分かるように学習を進めなければなりません。

   今まで以上に、各教科を通してその教科特有の「見方・考え方」を身につけなければならないのです。見方・考え方こそが様々な場面で活用できるからです。

   このことを踏まえて本校の教育目標にある「つよく、やさしく、かんがえふかい子」を育てていこうと思います。

    校長はかわりましたが、引き続き第五小学校をよろしくお願いいたします。

 

お問い合わせ

三鷹の森学園三鷹市立第五小学校

〒181-0001 東京都三鷹市井の頭2丁目34番21号

電話番号:0422-45-4171

ファクス番号:0422-43-4948