ホーム > 学校案内 > 学校だより > 学校便り「あげしお」平成29年度4月号

ここから本文です。

更新日:2017年4月10日

学校便り「あげしお」平成29年度4月号

 

   『新年度にあたって』

              校長  青木 睦

 

 新入生の皆さんはこの4月、希望という新しい芽をもって学校に登校してきています。その芽を大きく膨らませ、自分らしい花を開かせてほしいと思います。当然、友達も希望という芽をもっています。その友達の希望という芽も、自分の芽もお互いに大切にしてほしいと思います。そしてお互いに個性豊かな花を咲かせてほしいと思います。

 さて、新入生の皆さんと同じようにこの4月本校にも新規採用の先生が着任しました。

 その先生に次のような話をしました。

 「今までとは違います。4月1日から本校の職員として気持ちを切り替え生徒たちのために頑張ってほしい。」そして「石の上にも三年、これからの3年間は苦しいかもしれないが、3年間頑張って先輩から学び、教師として、そして職業人としての資質や能力を身につけてほしい。」さらに「努力をするためには目標が必要です。」「自分の目標とする先輩教師を見つけ、その先生に少しでも近づけるように頑張ってほしい。」「見本となる先輩教員が五中にはたくさんいます。」とも言いました。この話は30年以上前に私が教員になったときに先輩の先生から言われた言葉です。

 新入生の皆さんにとって中学校生活では委員会活動、体育大会や合唱コンクール、そして部活動で先輩と接する機会が多くなります。

 目標とする先輩を見つけ、自分自身が憧れる人となれるように努力をしてほしいと思います。3年後には皆さんは五中を卒業し、高校や新たなステージで活躍していると思いますが、そのためにもこの3年間を充実した時間とし、自分の目標を持つことが大切です。目標を持つことで努力もできますし、新しいことにもチャレンジがきます。

 2、3年生の皆さんは新入生の憧れの人となれるように、新入生をリードして第五中学校の良さ、素晴らしさを伝えていってください。そのためには「人としての魅力」を持つことが大切です。人には一人ひとり違った魅力があります。2、3年生も五中に入学したときに憧れの先輩がいたと思います。魅力ある人となれるように新入生以上に努力を重ねてください。

 始業式で代表の山中君が言っていた「伝説を伝統にしていきたい」という言葉、昨年度の五中の色ではなく、今年の皆さんだけが作り出せる五中の色を作り出してほしいと思います。

 本年度は昨年度同様に様々な取り組みを予定しています。そのひとつに外部講師による講演会として今年は「生き方を学ぶ」をテーマにALS(筋萎縮性側索硬化症)と闘病しながら様々な活動を行っている武藤将胤(むとうまさたね)さんをお迎えしてご講演をしていただく予定です。本年度も保護者・地域の皆様には様々な面でご協力をいただきますがよろしくお願いいたします。

 

学校便り「あげしお」平成29年度4月号(PDF:278KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鷹南学園三鷹市立第五中学校

〒181-0004  東京都三鷹市新川1丁目7番20号

電話番号:0422-45-3201

ファクス番号:0422-76-0673