ホーム > 学校案内 > 学校だより > 学校便り「あげしお」平成28年度3月卒業式号

ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

学校便り「あげしお」平成28年度3月卒業式号

 

   『明日の卒業式に向けて』

            校長  青 木 睦

 

 私にとって3年生皆さんのとの生活は2年間でしたが昨年、学年の初めの印象は「どのクラスも、楽しそうに授業を受け、男女がとても仲の良い学年だ」と強く感じたのを覚えています。

 特に5月に行われた体育大会では第五中学校のそして鷹南学園の最上級生として、今までにない本当に素晴らしい体育大会にすることができました。まさに伝説となる体育大会でした。

 そして修学旅行、台風の中の法隆寺見学、途中で傘が壊れ、制服が雨でびしょ濡れになり、嫌な思い出の修学旅行になったと心配していましたが、東京駅の解散式で聞いた皆さんの声は「楽しかった。」の声ばかりでした。苦しい中でも楽さを感じることができる学年は素晴らしいことだと思いました。

 そんな3年生でしたが、この一年間は、進路決定に向け、不安の中、自分が目標とする目標に向け、一歩一歩努力を積み重ね努力してきました。全国の中学3年生は受験が近づくにつれ不安になるところですが、本校の多くの生徒が不安に負けず常に真剣に机に向かう姿を見ることができました。不安に負けない素晴らしい生徒でした。

 進路の面接練習の折、「小学生の自分と中学校3年生の今とで大きく成長したことは何ですか」と聞くと、「自分のことだけではなく他人のことを考えられるようになった。」そして「友人や周囲の人への感謝ができるようになった。」「地域の方々が自分たちのために様々なことで支えてくださることに感謝し、自分もそのような社会人になりたい。」と答えていました。とても頼もしく感じました。そんな皆さんですからこれからの社会で活躍することができると確信しています。

 人には必ず良い縁が巡ってきます。誠実に人と接すること、そして人を通して自分自身を見つめ、大きな視野で活躍することです。人との出会いは必ず自分自身の支えになるはずです。覚えていないかもしれませんが、皆さんが小学校1年生の時に私は五中の教員として中原小・東台小へ訪問し授業や運動会の手伝いを当時の中学生と一緒に行っていましたので正確に言うと皆さんが小学校1年生のころから縁があったのです。

 3年生の皆さんへ最後に「把手共行」(はしゅきょうこう)という言葉を送ります。

 「把手共行」とは苦しい時も悲しい時もともに分かち合って生きていくということです。そのためには感謝する気持ちを忘れないでください。人は誰しも感謝する心は持っていますが、その伝え方が上手にできず、苦労している人も多いと思います。卒業にあたり一番感謝をするのはご家族だと思います。卒業式を前に、あるいは卒業式後にご家族に「ありがとう」の一言を忘れずに伝えてください。

 3年生は本校を卒業しそれぞれの進路で活躍していくと思います。この第五中学校で経験したことを生かし、新たな世界で活躍することを期待します。

 

学校便り「あげしお」平成28年度3月卒業式号(PDF:481KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鷹南学園三鷹市立第五中学校

〒181-0004  東京都三鷹市新川1丁目7番20号

電話番号:0422-45-3201

ファクス番号:0422-76-0673