ホーム > 学校案内 > 学校だより > 学校便り「あげしお」平成28年7月号

ここから本文です。

更新日:2016年6月29日

学校便り「あげしお」平成28年7月号

 『保護者・地域の方々に支えられている五中』

校長  青木 睦

 遅くなりましたが、5月28日(土)に開催されました第56回体育大会においては地域の方々が約100名そして約600人の保護者方々にご参観いただきました。
 例年になく生徒より参観に来られた地域・保護者の方々の多さに驚いたところです。応援をいただきました保護者・地域の皆様ありがとうございました。今の第五中学校を応援していただく方々がこんなにも多いのかと感じたところです。


 今年の体育大会のスローガンは「伝説」でした。英語ではLegendといいますが、古くから言い伝えられる、つまり「将来にわたって語り継がれる体育大会にしたい」との生徒たちの思いから付けられたものでした。特に3年生を中心とする実行委員が1年生、2年生、そして3年生が同じ思いでこの体育大会に臨み、一体感のある体育大会にしたいという願いが込められていました。
 当日「伝説にするためには、競技をしている人が、そして見ている人が感動しなければ伝説にならない」という話をしました。「スポーツは一瞬一瞬の勝負です。その一瞬に全力を尽くすから見ている人も感動し美しく感じるものです。そのためには、自分ができることを頑張ってほしい」と話したところ本当によく頑張っていました。
 競技に熱心に取り組む姿はもちろんですが、最後の種目である学級対抗リレーのときに生徒の応援席を見たところ、すべての生徒が立ち上がって応援をしている姿を見て私は感動しました。生徒たちが本気で取り組むことができた行事であったと思います。このように生徒が取り組むことで、生徒一人ひとりの自信となり、これからも困難なことに立ち向かうことができる生徒に育っていくものと確信しています。

 体育大会後の感想文に1年生のある生徒は「体育大会と運動会の違いを知った。運動の得意、不得意は関係なく、自分にできることを思いっきり発揮し、それをみんなで応援する・・・」2年生は「こんなに楽しい気持ちにしてくれた3年生に感謝の言葉しかありません・・・」と書かれていました。3年生も頑張りましたが1・2年生も3年生の思いを受け止め頑張った体育大会でした。
 「切磋琢磨」という言葉がありますが、今回の体育大会は学年を超えて磨きあげ作り上げた体育大会になったと思います。
 この五中の素晴らしい体育大会が「伝説」から「伝統」になってくことを期待しています。 

 最後に保護者、おやじの会、SSSの皆様には練習期間中から当日の応援等で様々なご理解とご協力に感謝申し上げます。このような多くの支えがあったからこそ実施できた体育大会だったと思います。

 

学校便り「あげしお」平成28年7月号(PDF:462KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鷹南学園三鷹市立第五中学校

〒181-0004  東京都三鷹市新川1丁目7番20号

電話番号:0422-45-3201

ファクス番号:0422-76-0673